海外 プライオリティパス 楽天 イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.05 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 2017.07











春のイタリア



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語



イタリアのホテル探し



pisa

roma

firenze







海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 

 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

検査に行こう!
今日は去年うけた手術に関する話です。
いやな方はスルーしてくださいね。





イタリアで大人気! 息をする靴、GEOX



真夏の仕事もこれで快適。
ボーナスで彼にプレゼントしてみませんか?







手術からちょうど9ヶ月がたちました。
数カ月おきにしている検査の結果はいまのところ良好。
昨日も先生が私の顔を見るなり "問題なしだったよ!!"と
報告してくれました。イタリアの病院にももちろん色々ありますが、
この私が手術を受けた病院は本当に当たりだったなぁ、と
すべてを思い返しても笑顔になってしまいます(笑)。

婦人科の医者はこちらの感情を微妙に読み取ってくれるような
繊細な人がいいと私は思うんですが、残念ながら日本では私は
患者の話などまったく聞かない決めつけの多い医者にしか
出会えなかったし、ドイツではアジア人女性に対してある種の
妄想を抱いているような医者に出会うことが多かったです。
なので病気がみつかって手術をする段階になってよい医師団と
良い病院に出会えたことが本当に嬉しかったし、またそのおかげで
自分のモチベーションを高めることができました。

5年間は検査が続くけれどこれならポジティブな気持ちを持ち続け
ながらなんとか頑張れそうだ、と昨日の来院で気持ちを新たにできました。


一方先週、今度は舅ががんの手術を受けました。
私と同じように極々初期だったので、医者いわく悪いところは
思ったより小さくてすべて取り切れているはずということ。
詳細は病理の結果がでるまでわからないけれど、本人もあまり
落ち込まず、なんとか元気でいるようです。

今年になってから同僚も私と同じ手術を受けましたし、夫の友人の
彼女は同じ病気ですが発見が遅く子宮を取らねばなりませんでした。
20代の若さでそんな辛い決断をし、その後その彼とは別れたそうです。
もっと早く病気が見つかっていればまた違う人生があっただろうに、、、。

でも、その彼女にしても命を失う前に病気が見つかったのはむしろ
喜ぶべきことであり、他人が色々言うことではありませんよね。

しかし驚くのは私を含む上記のすべての病気が保険局の無料検査で
発見されていること。特に私はそれまでもずっと3ヶ月置きに
高いお金を支払ってプライベートの保険のきかない医者に検査を
してもらっていた時にはみつからなかったのに、です。

マイケル ムーアが新しい映画の中で、医療制度が一番優秀なのは
フランス、ついでイタリアだと言っていることを友人から
聞きましたが本当でしょうか? もし本当ならこういう無料の検査にも
優秀な医師を置いていることも理由の一つかもしれませんね。

自分の周りの医者について不平を言うばかりでなく、自ら自分に
あった医者を探すのも自己責任だと思います。どうか自分を大切に、
忙しさを言い訳にせず検査を受けに行ってくださいね。

関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア ]
06/28 19:23 | 未分類 | コメント:18
青淵さん、

昔と比べてがんの発生率が増加傾向にあるというのは
確かにそうだと思いますが、それは予防検診が根付いたり
テクノロジーの発達により昔は発見できなかった小さながんが
発見できるようになったせいもありますよね。

考えは人それぞれですが、カウントされない被爆を恐れて
がんの発見が遅れるのは避けるべきだと私は思います。

こんにちは。2008.8.23。
拝読し、思わず胸が詰まりました。
私は、体が弱いのか、虫垂炎に始まり、扁桃腺、歯槽膿漏、痔(軽い)、胆嚢(胆石)などを経験しています。
歯医者には半年毎に定期的に、自発的に行っていますが、
でも、病院の検査は可能な限り行きたくありません。
理由は検査薬による影響と、放射線を利用した検査からの悪影響防止にあります。健康を守る為と言う「大義名分」により放射線による検査は大量被爆にも係わらず放射線被曝にカウントされないからです。
私は私の近い先祖(叔父、伯父、叔母、伯母、祖父母、父母、兄、姉:まだ生きています、御免なさい)がかかった病気を参考に私への可能性を考えます。
社会や家庭で電子機器類が多用される現在社会においては癌の発生は増加の傾向にあると考えます、と言ってインフラが過去に戻る生活は受け入れる方は少ないと思います。
私は、薔薇に見習って元気になるようにして、病気を寄せ付けない体環境を目指したいと考えています。

ryuji_s1さん、

コメントありがとうございました。
私もフランスについては驚きを隠すことができませんでしたが、
考えてみれば大きな手術をするためにフランスの病院へ
送られた人を何人か知っています。

こちらからも寄らせていただきますね。
良い診療期間に出会ってよかったですね
しかもお医者さんも素敵な方で安心出来ます、
治って何よりでした。

フランスの医療素晴らしいのですね
ihokoさん、

以前はまぁドイツにいたというのも理由の一つなんですが、結構何事もネガティブに考えてしまう方だったんですね。でも病気をきっかけにうまく自分の気持ちをコントロールできるようになり、また物事を上手くあきらめることができるようになりました。どんなに頑張っても上手く行かないことって世の中にはたくさんあるんですよね。

何よりも私が笑顔でいることで夫も友人も笑顔になれる、それを素直に受け止めることが出来、心から笑顔になれる条項を上手に作ることができるようになりました。

以前の私ならガンにならなかったとしても別の病気になっていたと思うので、非常によい経験でした。自分を大切に進んで生きたいと思います。
akiさん、

検査を受けるきっかけになれたことを嬉しく思います。ああいう経験をした私が出来るのは、検査の必要性を強く訴えていくことだと思い実行しているのですが、やっぱり皆色々事情があるでしょうし簡単なことではありませんよね。毎年誕生日に検査を受けるなど、一年に一度でも日を決めておくと受けやすいと思うのですが…。

これからも一人でも多くの方が検査を受けられるようになってくれたら嬉しいです。
dkさん、

コメントをありがとうございました。
そうですね、私も宣告をされた時はネットで調べすぎて何がなんだかわからなくなりました。またその性質上、特に問題のなかった人のサイトというのはほとんど見つからず、知れば知るほど落ち込んだことを思い出しました。そうではないとわかっていながらも「ガン=死」をどうしても連想してしまうのが宣告された患者だと思います。それを乗り切りつつある今、自分がとても強くなったのを感じて嬉しく思います。

夫は別の女性を選んでいればもっと安泰な人生をおくれていたのにと思うものの(笑)、私にとっては本当に救世主でした。昔よりずいぶん前向きに生きられるようになったのもすべて彼のおかげだと感謝しています。


はなさん、

ありがとうございます。
本当に「人生いろいろ」ですよね。
夫に、医者に、そして周りのすべての人たちに感謝をしながら毎日幸せに過ごしています。その女性もいつか自分をしっかり見つめることが出来るよう祈っています。
marukoさん、

marukoさんも安心できる医者に出会うことが出来たのですね。婦人科にかかる時は直前まで緊張して嫌な気持ちですよね。少しでもその心配を取りのぞくことが出来る医者に出会えたのはやっぱり嬉しいですよね。ぜひ検診を続けられ、心配ない毎日を過ごされますように。
げちゅ~さん、

ありがとうございます。
最後は「自分が信じられる医者かどうか」だと思うんですよね。極論かもしれませんが、例え人から見てどうであれ、自分が信じることが出来て一緒に頑張ろうと思える医者ならいいか、と。極々初期で発見できたので多大な苦痛と苦労を味わっていらっしゃる方々からすれば甘い生意気な意見になるかもしれませんが、がんを経験してそう感じました。

がんばります!
お元気そうで何よりです。私も私の手術で子供に恵まれる可能性は、ほとんど無いです。私は、子宮も卵巣も摘出はしていませんが、3分の2くらいをえぐり取っているので、もっと若ければ20代ならなんとか取り返しはついても30代後半ではどうにもなりませんでした。

が・・家も良人が、子供に恵まれなければ、親を待っているこの中から家の子になってくれる子を探せばいい。そういう運命だったんだと思うよ。と言ってくれて何年かが過ぎました。実はね。私達は家が落ち着いたら、手続きに入るつもりで準備をはじめているのです。
お舅様も初期でよかったですね。
お互い、自分を自分で大切にしましょう。
ひいてはそれが周りを大切にすることにも繋がるのだと思います。
普段、健康だと検査を忘れがちだったりしますが、自分の健康は自分で守らないといけないですよね。
私も以前、Mezzanaさんの記事を見て、検査に行こう!と思い、予約しました。忙しいからと言って、後回しにしてはいけないですよね。
Mezzanaさん、たいへんな手術をされたのですね。その前後のこころの葛藤と変化を経た1年あまり、そしてそれを支えてくれただんなさまとのお話、胸がつまりました。

実は私の父と私自身の親しい友人のひとりも3年前にガンの手術をしました。父の場合、消化器系であり手術をして開いてみたらかなりの進行ガンであることがわかり、数ヶ月の命かもしれないと言われ、一方友人の方は婦人科系で同性としても身につまされる思いがあり私もその時にガンに関するあらゆる本を読みました。でもその結果、読めば読むほど混乱してきた、というのが正直なところです。ガンという病気の実体がよくわかっていないということなんでしょう。

婦人科系のガンというのは女性にとって二重につらいものですね。だんなさまのご友人が経験された選択というのも他人が想像できないさまざまな思いをくんで、そしてさまざまな思いを断ち切って、ということなんでしょうね。

Mezzanaさんはやはり強い縁を持ってだんなさまと出会われたんでしょうね。その素敵なだんなさまとスイートホームにてどんなストーリーを作っていくのか、これからも楽しみにしています。
そうだったんですか・・・。

つらい経験を乗り越えて、お友達も幸せになれるといいですね!

Mezzanaさんも、ご主人と別れる事なんて、もう考えないことを願ってますよ!
検査結果が良好で良かったですね^^
私も最近、婦人科で検査を受けましたよ。
今回は医者の対応や判断が的確で、安心感がありました。
婦人科って行きにくいけど、思い切って病院を変えて良かったと思います。信頼できる医者に出会えることは本当に
とても嬉しいことですね。

病気の発見とかは病院やお医者様にもよるところ、多いにありますよね。
うちも癌と心臓系があるのですが、身内が良い病院とお医者様で早期発見して助かってるかもです。

イタリアのお医者様が優秀なのは事実だと思います。
過去にお客さんが7回、救急車などで、イタリアの緊急病院に行きましたが
腕も良いし、とてもよい対応で嬉しかったでした。
だから大丈夫ですよ~
mezzanaさん、頑張ってくださいね!
はなさん、

すみません、言葉が足りなかったようです。
別れを告げたのは彼女なんです。
彼の方はいつもとまったく変わらず、すべてを受け止めて
いたように思います。しかし彼女は別れを決意しました。

私も宣告されたばかりの時は夫に離婚を申し出たので、
彼女のその辛い気持ちがわかる気がしました。
流産しましたが妊娠中の夫の喜びを知っているから、
その夫が私のせいで子供を持てない人生を歩むということに耐えられそうにありませんでした。
夫は泣きながら私を説得してくれて今に至りますが、
恐らく病気のステージが高かったら私は日本に帰っていた
と思います。

彼らは幼馴染のような感じで長いこと付き合っていたので、
恐らく結婚はしていなくとも将来的なビジョンがとても
明確になっていたんだと思います。そして私が考えたのと
同じような思考で別れを告げたんだと思います。
そして彼も彼女の辛い気持ちをわかりすぎているからこそ、
最終的にはその思いを受け止めてしまったんだと思います。

病気がきっかけでお互い心から愛し合っているのに別れを
選んだ彼らに、なんと声をかけてよいのかわかりません。

私はもしまた病気が発覚して子宮をとることになったとしても、
今度は自分を見失わない自信があります。あれから私も
精神的に成長したと思います。彼女たちもまだ20代、もう少したって
今より落ち着いたら、また冷静に考えて元に戻ることができる
かもしれませんね。
お元気で何よりです。( ^▽^)
本当に自分にあったお医者様にめぐり合うのって難しいと思います。
病気だけでなく、やっぱり精神面もケアしてくださるお医者様や看護師さんって大事だし、貴重ですよね。

だんな様のお友達の女性、
子宮をとってしまい、彼氏と別れたんですね。
それはきっと運命の人じゃなかったんですよ。

愛する人の子供を産めなくても、それでもいい、愛していると言ってくれる人は必ずいると思います。
その方もそういう人に巡り会えるはずです!
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------
template design by takamu
Copyright © 2006 Mezzana All Rights Reserved