海外 プライオリティパス 楽天 イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.09 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 > 2017.11











春のイタリア



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語



イタリアのホテル探し



pisa

roma

firenze







海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 

 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
PUSH BUSH OUT

このタイトル、イタリアで一日に何度も聞くスローガンです(笑)。
今サミット参加のためにブッシュがヨーロッパに来ているけれど、
全欧あっちこっちで反ブッシュのデモが行われている様子。


イタリアで大流行、息をする靴【GEOX】



不快な「蒸れ」から足を開放することに
徹底的にこだわったイタリア生まれの靴。
こちらはそのGEOXのファーストシューズ。
小さいけれど大人のGEOXシューズと同じ機構が施されています。
たっちを始めた赤ちゃんのお靴の練習向けの柔らかい素材。





以前ミュンヘンでサミットがあった時には
「反アメリカ」の デモが起こったけれど、
もう今標的はブッシュ一本に絞られている模様。
旗には「NO WAR, NO BUSH」なんて書いてあるし、
まぁこれだけ世界中で嫌われる人ってのも
珍しいんじゃないだろうか。

459921502_69s.jpg 459921502_72s.jpg 459921502_230s.jpg


こっちで報道されているニュースによると、
今サインをするとすべてドイツを始めとする欧州連合が
決めたことに従うことになってアメリカに不利になるから、
京都議定書に定めのない13年以降まで待ってアメリカが
主導権をとることが出来る段階になってから
サインをするつもりなんだそうだ。

世界全体排出量の4分の1 の二酸化炭素を垂れ流しておいて
よくもまあヌケヌケと…(呆)。


ドイツでは二酸化炭素排出ゼロを目指して
いろいろな取り組みが行われていて、
「カーボンオフセット(炭素相殺)」
「カーボンニュートラル(炭素中立)」と呼ばれる
「排出した分を他のことで相殺しよう」という試みが
注目を浴びている。

この前W杯では、開催中に排出されたCO210万トンの
二酸化炭素を、牛の糞からつくったバイオガスを
家庭燃料にするなどして途上国での事業で 相殺した そうだ。
またあのFIFAはインドの家庭700世帯にこのバイオガスを
利用できる調理器具を提供したらしいし、
この機械を作った企業は協力してくれる牛農家などに
150万円ずつの寄付までしたんだって。

おまけに二酸化炭素排出ゼロを売りとする
PCや携帯電話なんかも開発されていて、
店を訪れる人たちが熱心に店員から
話を聴いている様子がテレビで紹介されていた。

これからは公共のトイレは水を使わずに乾燥して
分解するものに少しずつ変えていくみたいだし、
多くの街灯もソーラーパワーにして
いくつもりらしい。

(あ、イタリアも駐車場のチケット販売機とか
道路に埋め込まれているライトなんかは
ソーラーパワーが多く見られるけど、
このひどい暑さも何かの役に立っていると思うとなんか嬉しい。)

ドイツってこういうところ、本当にすごい。
確か1991年だったと思うけど、私が繰り返し購入して使っていた
髪の毛用のムースがある日突然ミュンヘンから消え去ったことがあった。
いつも買っている店になかったので「売り切れか、」と思い
他の店も周ったんだけど、どこにいっても何日経っても手に入らない。
外出するたびに色んな店を覗いてみるけど全然見つからない。
結局メーカーに電話したところ、「フロンガスの規定に反するので
製造中止になった」ということだった。

有名メーカーのものだったし、他の国なら少しずつ撤去して
いくんだろうけれど、ドイツでは国からの補償もでるし、
なにしろ「規則は絶対」なのでその日のうちに徹底して
撤去されてしまうんだと思う。

1991年の日本なんてバブル真っ只中で環境問題なんて口に出したら
馬鹿にされるくらいじゃ済まなかった頃じゃないだろうか?
日本の友達にドイツのスーパーでビニール袋が有料だという話をすると、
必ず「ドイツってケチくさいねー、客からさらに金とるなんて!」
という反応ばかりだった。

あとその時働いていた会社にある日突然何かをチェックするための
人たちが訪れ、私たちが利用していた使い捨ての
プラスチックカップの使用をやめるように言ってきたことがあった。
「それぞれが自分で使うカップを家から持ってくれば良いことだ」
と言っていたのがすごく印象に残っている。

スーパーのサラダバーに行けば 前回持ち帰った容器を洗って
持参
してきている人がいる国、ドイツ。

社会保障の仕組みからして日本やイタリアが
猿真似さえできないところまですでに進んでしまっているのは
もちろん知っていたけれど、環境問題への取り組み姿勢も
知れば知るほど絶句。すごい。

ブッシュさんももうこれ以上バカなこと考えずに、
いっそドイツと手を組んでアメリカにエコブームを巻き起こせば
これまでの汚点もすべて帳消しに出来ると思うんだけどね。
じゃなかったらパリスと一緒に刑務所に入って反省するとかー(笑)。




関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア ]
06/10 17:26 | ひとりごと。 | コメント:8
青淵さん、

ドイツをはじめとするヨーロッパの姿勢と努力を見てしまうと、
アメリカの行動には苛立ちを覚えますね。
今のアメリカの考え方のまま宇宙へ移っても、
今度は宇宙を汚染するだけで終わるでしょう。
こんにちは。2008.8.23。
エコについては、本気で取組もうと考える方は不言実行。
日本では昔から資源の少ない国として「エコ」とは言いませんが効率化を求めて活動しています。
1980年代に飛躍的に進んだ原子力発電は石油の効率化に貢献し、二酸化炭素排出を無くしています。しかし唯一の被爆国としてPRしているため国民的には認めたくないようです。
私の地域ではゴミ袋は有料で分別収集が徹底されています。
私も買い物には「マイカゴ」を持参して買い物袋はもらっていません。
アメリカが標的になっているようですが、これも切り口を変えれば究極の「エコ」になります。良くも悪くもアメリカを相手にすることで、他の国は表面に現れません。
私が思う環境問題は、「人も環境の一部なんだ、環境を考えるなら、人口問題が最初ではないのか」と考えます。
人口が増えて環境を唱えて、、は菌によるアルコールの醸成工程と似ており自滅のシナリオです。人類絶滅防止には宇宙移民の道を本気で勧めることですが、医療の問題が有ります。宇宙空間における医療問題が解決出来れば本格的な宇宙移民の開始になります。期待したいですね。環境問題なんて吹っ飛んでしまいます。きっと。
かんちゃんさん、

いらっしゃいませ。mixiからいらしていただいたんですね。
書き込みまでしていただいてありがとうございます。

スーパーの容器持参の件、イタリアでも見かける例なんですが、これは衛生法にもかかわる問題なんですよね。例えば持参した容器を利用した客がひどい下痢を起こした場合、責任は誰にあるのか。こう考えると法律の違いによりこうしたことを禁止する店があってもそれはそれで仕方のないことなのかもしれません。特に日本は客に対しては例え正論であったとしてもはっきり言ってはならないような文化ですから、余計に難しいところがあるのではないかと思いました。

それから、日本人は頑張り過ぎ、忙しすぎかもしれませんね。
それは外から見ると本当に羨ましいほど真面目な姿勢でもちろん評価されるべきことなんですが、そのために個人個人にストレスがたまり過ぎていて、今自分の目の前にある事以外のことについて考える余裕を失っているように感じられてなりません。

もう少し自分や家族の幸せを優先できる社会になると良いですよね。
Yukiさん、


ドイツは環境問題をはじめ、社会保障から教育問題、また生活のあらゆることに関して徹底的に合理性を追及する国なんですよ。

賃貸住宅は"借り手"がその部屋を出る際に、"入った時と同じ状態にして返さねばならない""壁は必ず塗り直すこと"などと契約書に明記してあるのも小さいことですがその1例だと思います。

これにより、出る時に多額のお金を費やさなくても良いように綺麗に使おうと思う人が多くなり、結果として無駄な消耗を避けられますし、反対に赤い壁にしたいと思ったら勝手に塗っても良い=個人の尊重につながりますよね。最終的に元の状態に戻せばいいわけですから。おまけに退去時の問題が大幅に減ると良いことばかりでこういうことは本当にすごいと思います。
甲斐小泉さん、

漫画、楽しく拝見しました。URLありがとうございます。
風刺画もこんなにカラーでおもしろく描かれるようになったんですね。これから私もちょくちょく遊びに行きたいと思います。

さて、ドイツですが、やっぱりすべてにおいて合理的でなければならない、と国自体が完全に割り切っていて、おまけにその考えを国民全体、すべての企業にまで行き渡せているのがドイツのすごいところだと思います。合理性を追及する=無駄を徹底的にはぶく、ということになるので、日本では同じことをしようと国が考えたとしてもそれに反発する団体がすぐに難癖をつけ始め、結局うやむやになってしまうことが多いような気がします。
はじめまして。こんにちは☆
mixiから来ました。興味深くて読ませて頂きました。
ドイツってすばらしいですね。
日本人がバブルでエコの事なんか考えてもいなかった時代から未来の地球について考えていたなんて、国の意識の高さにびっくりです。以前、テレビでどこかの国がスーパーに行くときに飲み物の容器を自宅から持ってきてそこで飲み物を入れて購入するという映像を見たことがあります。その時から日本もそういう風にすればいいのになって思っていました。
エコのことだけじゃなくても今たとえば選挙にも行かない大人がいますよね。友達にも会社にも興味がないから行かないって言う人が結構います。それはそのまま自分自身の生活にも反映してくることなのにって意識の低さにがっかりすることがありますよ。日本人一人一人が変わっていけば日本ももっと魅力的な国になるんじゃないかと思ってます。結局、人で全て決まると思うんでまずは自分革命から頑張ります。
ドイツ、本当にすごい国なんですね!そんなにエコが進んでいる国ということ、本当に全く知りませんでした。読んで改めてびっくり&勉強になりました!!!ありがとうございます!環境問題ってまだまだ日本では国tに出されてるだけで、実際にはそれほどみんな真剣じゃないですよね。自分にできるところからなんでも頑張っていかないといけないと思います。にしても、ブッシュさんって・・・世界中から嫌われてるんですね(汗)嫌われて当然の人だとは思ってたけど(汗)
カタログハウスのサイトに面白い戯画漫画があるんですが、しばしばブッシュさんが出演。(そして、将軍さまも)
今日はパリス・ヒルトンも出てました。
http://kayoudayo.jp/?=EC06

右下の方にある「火曜だよ、哀の劇場 」というコーナーで、目下私の気に入りです。

とにかくエコについてはドイツはダントツですね。

日本も超遅まきながら、チームマイナス6%とかやってますけど、本音は「もっと買え」という感じですよ(先般、首相夫妻によるチームマイナス6%の広告が新聞に載りましたが、オール電化広告かと思いました(苦笑))。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------
template design by takamu
Copyright © 2006 Mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。