海外 プライオリティパス 楽天 イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.08 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 2017.10











春のイタリア



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語



イタリアのホテル探し



pisa

roma

firenze







海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 

 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
イタリア・「黒い仕事」
イタリアで暮らしていれば、誰もが一度は耳にする言葉、
「Lovoro nero=黒い仕事」、つまり ヤミ労働

通常は滞在ビザを持たずに密入国し、
労働ビザを持たずにこっそりと仕事をする
外国人労働者の違法の仕事をさすことが多いのですが、
いえいえ、イタリア人だってやってるんですよね…。


All About スタイルストア
小さなことからはじめませんか?






先に説明しておきますと、我新居は築4年目。
ただ前住人は親の代からケーキ屋兼BARを経営しているので
朝5時から夜中までほとんど店で過ごします。
食事も毎回親の家でとるのでこの家で過ごす時間は
仕事の後と、店の定休日くらいなものでした。

しかし、

なぜかバスタブは傷だらけ。何かとんでもなく硬いものを
落としたりぶつけたりして出来たかと思われる傷がいくつかあり、
そこからサビも生じていたので業者を呼び、新しく塗装してもらうことになりました。

電話で各サイズを告げ値段を聞いたところ「EUR250からEUR300」
という返事。この値段の幅はきっと傷の状態を実際に
見てから決まるのだろう、とアポをとった私たちでしたが…

当日、塗装が終わったあと、その業者の言葉はこうでした。

領収書が必要ならEUR300、いらないならEUR250でいいよ♪

あぁ…、そういうことですか(笑)。


つまり、領収書を発行すると仕事の履歴が残るので、
後々そのための税金を支払ったりすることで彼にもコストがかかる。
しかし領収書がいらないなら仕事をした証拠が残らないので
そのEUR250は丸々彼の懐に入るため、その分安くしておくよ、
というなんともイタリア式な商売のやり方なわけですね。

こうしたことは個人で店やオフィスを開いている人が
良く行う方法で、「大企業」に勤めるサラリーマンという 職業
が日本に比べて圧倒的に少ないイタリアでは日常茶飯事なのでありました。

ということでイタリアで暮らしていれば普段からこうしたことに
自然に慣れていくものではありますが、今回新居関連では皆さんあまりの
黒い仕事 っぷりに驚きを隠せない私でした…。


不動産屋、土地の測量士、公証人、水道屋、門の修理屋…
みなさん会計の際にはまず聞いてきましたからね(笑)。


「領収書、いる?」


当たり前だろ!(笑)。

ちなみに普通の店でも個人で経営しているようなところが
イタリアには多く、レジで小切手を出しながら「領収書いらないけど?」
と暗に「クロ でいいから安くしろ、」と
客が脅しをかけている(笑)光景をよく見かけます。

この場合はクレジットカードで支払うと履歴が残ってしまうため、
現金か小切手のどちらかを支払方法として選ぶわけですが、小切手だと
相手にレジを開けさせる手間を省くことが出来る上、受け取った人が
周りの客に知られることなくさっさとその小切手をポケットに入れ、
素知らぬ顔でそのまま業務を続けることが出来るため、「黒いお仕事」
には欠かせないアイテムとなっているわけです。


続いて、「黒いお仕事パート2」として、セカンドジョブに
ついても皆さんに説明させていただきましょう。

これは、主に公務員や安定した企業に勤める人が、仕事の前後や
休みの日に別の仕事をする場合をさします。

こうした人たちは毎月きちんと給料が入り、ボーナスもあり、年金等の
システムもしっかりとしているという利点がある反面、すべてを
会社がきっちり把握しているので ズルができません (笑)。

なので時間が空いている時に、小金を稼ごうとするわけですね。
例えば、元電気職人ルチアーノの場合、知人の個人経営のオフィスに
声をかけ、必要なときに配線工事などを領収書無しで手伝います。
元壁塗り職人のマリオの場合は、誰かが引っ越すと聞けば飛んでいって
壁塗りのお手伝い。元トラックドライバーのルイジの場合は
お店の商品配送などをお手伝いするわけです。

これにより、彼らは安定した生活を保障してくれるきちんとした職を
持つと同時にポケットマネーが増えていくというわけですが、
驚くことに彼らはかなーり稼いでいます。
そして仕事の質も悪くない。

きちんとお金を払ったところで、良く知らない人なわけですから、
きちんと仕事をこなしてもらえるかどうかはまるでわからないのが
イタリア。ならば多少問題があったとしても予め仕事の質を
わかっている知り合いに頼もう、と考えるイタリア的考えのため、
彼らは今日も「セカンドジョブ」のために本職の有給を取るのでありました。


しかしイタリアでこうしたすべての仕事がきちんと管理されたとしたら、
この国の経済的な数値ってものすごーーーーっく上がるのではないのでしょうかねぇ…(苦笑)。










関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … 海外生活 ]
02/08 20:55 | 未分類 | コメント:22
青淵さん、

イタリア人なら「腕を見せろ」などといった時点で
気分を害してさっさと帰るかもしれません。
皆自分の腕には自信のある人ばかりですので…。

なので皆、なににおいても知人の紹介をもっとも信用して
いるんですよね。何か探すときはネットよりも知人に電話。
信頼できる人間が実際に頼んだことのある人に自分も頼む、
という風にしているようです。

それからおっしゃるとおり、こうしたことを続けていると
自然と勉強になりますよね。見る目が肥えてきて、
職人さんとも話ができるようになるのは楽しいですね。
こんにちは。2008.8.17.
クロの仕事は、世界共通のようですね。
日本でも同様です、私もクロ(日本で)の経験が有ります。
仕事が信頼出きるか否かを確認する時、免許の有無に拘らず、「俺の前で腕を見せてくれ、納得したら発注する」と言う方も居ります。その職人のその時の腕前を自分で確認するのですね。当然免許が有っても断ることが多いと聞きました。見習っています。楽しいですよ、その分こちらが勉強しなくてはいけない訳ですから(職人の技術のポイント探し)、職人に話しかけながら、職人にも笑顔が出て来ます。
初めての店、混雑している店、店員がいつもと違うのどの場合は¥100でもレシートを要求します。また、保証に関連する場合も領収書を要求します。
甲斐小泉さん、

イタリアの強さは「自分好き」なことでしょうか(笑)。
国家にも社会にも、そして当然会社にも何も期待せず、
常に自分が自由に好きなように生きられることを第一に
考えているせいであの国民性が作られているような気がします。

甲斐小泉さんがおっしゃるように、たとえ日本人がイタリア式に働くようになったとしても、性格的にどうしても他人の目を気にしてしまいがちな日本人なので恐らく同じように陽気に暮らすことはできないような気がします(笑)。
イタリアが経済的にガタガタとか、アバウトでと言われながら、国民がいっかな悲観的でない理由が、今回のお話で分かったように思います(笑)。

このところとみに不平等社会となってきている日本も、今までのサラリーマンの働き方の概念で行くと、割が合わないので、イタリア型になるかも知れないですね。

でも、国民性の違いで律儀(あるいは頭がかたい?)だから、ダメかな?

MOさん、

MOさんもおかえりなさい!そしてお疲れさまでした。
もうイタリアの生活に身体も慣れましたか?

Notaio、私も常々思っているんです、
「この人たち、世界で一番儲かる職業だろうなぁ…」って。
書類が公式であることを認めてサインさせるだけで
数十万円から数百万円!!!のお金が手に入るだなんて。

おまけにイギリスなどでは宣誓をさせたりするようですが、
イタリアの公証人って単に契約書を読んで終わりですよね。
同じ法律のことを勉強しても弁護士なんかはもっと大変な
仕事のような印象がありますが、公証人って何度見ても
イライラっときます(笑)。
lotusさん、

書き込みありがとうございます。
やっぱりアメリカにも存在しているんですねー(笑)。
袖の下ならず机の下、という名前も笑えました。

さて、イタリアの税金ですが、企業に属して普通に
お給料をもらう場合は、国民保険料や年金などの分も合わせて大体4割くらいが引かれるでしょうか。ドイツも同じような
感じでした。

そして個人事業の場合は20%の源泉徴収、そしてその他にまた20%の消費税、おまけに国民保険&年金、税務番号の維持費などが引かれるので手元に残る分はそう多くありません。そのせいもあってこうしてごまかそうとする人が後をたたないようです。

基本的に「政府に得をさせてやるものか」と意固地になっているイタリア人が多いのも確かですが(笑)。
ちゃきさん、

そうそう、高速道路でもレシートくれない人、いますねー。
チャンスがあれば…、といつでもどこでも狙われている
私たち(笑)。ずるがしこい奴らだけに得させてたまるか!
という感じですよね。

「レシートください運動」、広めていきましょう(笑)。
Mezzanaさん♪
お帰りなさいませ~(*^-^*)
日本はいかがでしたか? たぁ~っぷり美味しいもの*を満喫されたんでしょう♪

Neroの話・・・・
頷きながら、読んじゃいましたよぉ~^~^;
本当どうなってるんだか・・・この世の中・・・
Notaioという公の職についている人が、堂々とNeroしてますものね・・・
しかも、あの金額・・・・^^;
サインするだけで、あの金額ですから・・・・
イタリアで、一番儲けているしょくぎょうは、きっとNotaio ですよ! ←強調!!! 笑)

まぁ・・・どうにも出来ないのかしらね・・・? はぁ・・・★
やはりイタリアでもこんな事はあるのですね。 アメリカでは”under the table" と言います。 やはり暗闇でこっそりとと言う感じですよね。近くのヴェトナム街に行った時にはすべて現金のみ、けしてレシートはもらえません(苦笑)。正直者は馬鹿を見ると言われても、嘘をつけないのは私の性格ですね~。 ちなみにイタリアでは収入のどのくらいの税金を払うのですか?
うはぁ~!おもしろい!なるほどねぇ。
たしかにねぇ・・
高速道路の料金所とかでも、レシートを受け取らなかったら
通ってない扱いで、そのお金は、料金所の係員の
おこづかいになってしまうという話をきいたことがあります。
以来、あたしは、絶対に、レシートもらってますっ!笑

領収書の存在って大きいなぁぁ。
げちゅーさん、

チェックする人を雇うのにもお金がかかりますものねー。
万引きで損する金額の方が多いような場所じゃないと
ちょっと無理かもしれませんね!

それから超有名ブランド店にはドアを開ける専門の人が
いることがありますが、彼らにレシートをチェックされる
こともありますよ♪
あっ、mezzanaさん、そうなんですか!!
違う風に考えちゃいました。←天然ですみません。

実際にイタリアって、そういう闇の部分ってあるのですね。
そうか~~、φ(・_・”)メモメモ
chihoさん、

こんにちは!コメントありがとうございます。
そうなんですよ。黒い金額を提示された時点で
頭の中のそろばんが動きますよねー(笑)。

この塗装をしてくれた人はフィレンツェから来ていたので、
ガソリン代がどーの、ピサまで来たから他の仕事が
入れられなかっただの言っていました。
私はもちろん笑顔で領収書を請求しましたよー(笑)。
ただ仕事はすばらしかったです。

家の事はneroで頼むと差額が大きいので心が揺らぎますが、
おっしゃるように「アフターサービスもありませんよ♪」
ということなので危険が伴いますよね。
私たちは友人以外はすべて正式な手続きを踏みましたが、
この友人というのがまた「お金なんか要らないよ!」と
頑張って働いてくれちゃうのがイタリア人ですよね♪

その分あとで食事に招待して大変なのは私ですが…(涙)。
私の友人は、家を修復中に、大工さんとトラブルになり、neroで支払った代金を「支払われていない」と言われトラブルになっています。支払う方も、何かのトラブルになると、払った証拠がないですもんね。結構リスクはあるかも。
それにしても領収書いらないなら250ユーロって言うのは高いなあ・・・だって、自営業だったらIVAもろもろの税金を入れて50%位が税金分だろうから、通常だったら150ユーロが純利益となるわけですよね。だったら200ユーロくらいまでまけないと・・・儲けすぎっ!
げちゅーさん、

レシートをチェックする係がいるような場所は、旅行客が集まる大都市のチェーン店などですね。万引きを防ぐためと、それから万引き防止のタグをレジ係が取り忘れて出入り口でセンサーが反応してしまうことが多いため、それをチェックする専用の人間がいる場合があります。

しかし私が書いたのは、記事中にもあるように個人経営のお店やオフィスのお話です。そうじゃなくて間にいろんな人が入るようなチェーン店だと監査も大掛かりで厳しいですし、規模が大きい分売り上げも多いですからごまかすのも大変ですよね。

個人経営の場合は監査に入る人間も知り合いに頼んでクロでチェックしてもらったりしていますし、店やオフィスの規模も小さいのである程度の分だけ申告しておけば、表向きは「この店は売り上げが悪い」ということにしておくだけでOKですからね(笑)。

ちなみに不法労働で外国人を働かせている店を警官が見回りに行く場合も、店長がまとまったお金を渡せばお咎め無しになるんですよぉー(笑)。
はなさん、

イタリア人同士はもう手馴れたもので、皆普通に対応していますよ。かなり安くなっているのに「えぇっ?これだけ??いやぁー、まだまだなんとかなるでしょー。」と粘っている人も多いです(笑)。
あれ?前にイタリアって、何かを購入したらレシートは必ず受け取る事・・・そうでないと、ちゃんとレシートを受け取ったかどうか調べるチェック係りがいると聞いた事がありますが、それとは関係あるのでしょうか。
イタリアに住むには、ヤミ労働に対応できるようにならないと怖いですね!(笑)
Ricciaさん、

そうなんですよね!
人によって「え?そんなのあり?」というくらいものすごい割引率を提示する人もいれば、2%くらいしか引かない人もいますよね。腹黒い人はとことん腹黒い、ということでしょうか?(笑)。

家のメンテナンスをしていて感じたのは、水道・ガス・電気などは大抵クロで10%引きをオファーしてきました。

それから家具を探していて感じたのは、売った金額により給料が決まる店員の割引率がものすごーく低いということです(当たり前ですが(笑))オーナーと直接話をするほうがかなり安くなりますね。彼らも店員に払う分、私たちから引いたほうが店のためですものね。イタリアっておもしろいですよねー。
Yukiさん、

そうなんですよー。特に家関連ではその差が数十万円から数百万円になることもしばしばだったので、「領収書無し」をオファーされるとすごーーーっく悩むことになります(笑)。

でも、それだと当然保障がなくなるわけなので、良く考えて後々問題があっては困るようなものはやっぱりきちんと証明できるものを受け取る必要があるんですよね。領収書を発行しない、というのは「アフターサービスも無いよ」ということなので、ほんとうにすごい仕事の仕方だなぁ、と変な意味で感動しています(笑)。
うちもいつも領収書要らないから、安くしろ派だったのですが、ちょっと気になることが。
たとえば食事に行って領収書発行すると63ユーロ、なしだと60ユーロ。
そもそも、10%のIVAを彼らは節約できて、さらに税金も節約できるから少なくとも7ユーロはおまけしないといけないのに、たったの3ユーロ…腹黒いオーナー。そんな人と、利益を分かち合うのも府に落ちないので、今は、両方の値段を聞いて、リーズナブルな割引率だとクロ料金、そうじゃないと、シロ料金を払っています。
うわぁ、めちゃめちゃ皆様"黒い"(笑)それでもそれが、裏でちゃんとまかり通ってるのもまたイタリアの面白い一面ですよね(笑)しっかし、腹黒いお客さんも居るあたりもまた面白い。いつかその光景を、自分の目で見てみたいです~~♪
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------
template design by takamu
Copyright © 2006 Mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。