イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.03 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 2017.05











春のトスカーナ



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語




海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 
 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
イタリアで入院・「あの」声が今日も聞こえる…
私が入院したのは婦人科だが、そこにはお腹の大きな
妊婦さんたちを大勢見ることが出来た。

産科は数メートル離れたところに「関係者以外立ち入り禁止」
のドアがあり、出産が近い妊婦さんたちはそこに入院して
いるのだが、例えば「ベッドから落ちてお腹を強打した」
「予定日を大幅に過ぎている」などちょっとした問題のある
妊婦さんたちは婦人科に入院していたからだ。

入院前の検査の時を含め、顔を覚えている妊婦さんが数日後に
小さな小さな赤ちゃんを連れているのを見るのはこちらまで
嬉しくなる。そう、 あの 声を聞いているから余計に…。



最大60%オフ!すっごく得した気分♪
Discount Hotel Reservation


私の病室は、婦人科と産科の境目の最も端っこにあった。
なので毎回、出産の最中の 妊婦さんのいきむ声がとてもよく聞こえてくる。

出産経験の無い私には最初のうちこそ恐ろしいものとして聞こえていたが、
そのうち彼女たちにつく看護士たちが出産直前にならすアラームの
鳴り方を覚えてしまい、それが聞こえるたびに夫と共に


ほら、始まるよ!頑張れ、頑張れ!!


と応援するほど入院中の楽しみ、と化していた。


日本で他人のいきむ声など耳にしたことがないので比べようが無いが、
イタリア人はこんな時まで笑わせてくれる。
(命をかけて必死に頑張っている彼女たちには申し訳ないのだが…)



あ-いぁっ!、あ-いぁっ!、



これはイタリアで万人共通の「痛いっ!」という言葉なので当然毎回聞こえる。
そして皆さんご存知の、
 


うぅ-、マンマミ-アッ!



マンマミーア=おーまいごっど。
英語圏の人々が「神様」を使うのに対し、イタリアでは「お母さん」を使うあたり、
イタリアでのマンマの地位がみなさんにも想像していただけることと思います。
特にこの声、
 


まんまぁぁぁああっ!!!!



聞いた時は感動的でさえありました。
マンマ=母親、ですね。この叫び声は非常に大きく、
この後すぐに赤ちゃんが生まれたように思います。

まさに「最後の叫び」だったわけですが、その言葉がマンマ…

「あなたがマンマになるんだよ!がんばれ、がんばれ」
と看護士に言われながら頑張ってましたよ。


そして極めつけ、



パパァアアァーッ!!!!



おわかりでしょうがパパ=父親です。
こんなところで呼ばれたらお父さんも本望でしょう 笑。

こういう状況でパパと叫ぶなんて日本ではまず考えられないことですが、
イタリアは「母親&息子」、そして「父親&娘」が非常に非常に
強い絆を結んで仲良くなる、というのは定説なんですね。
なのでこの妊婦さんもたぶんお父さん大好きっ子で育ったんだと思います。


そして、イタリアでも当然生まれたばかりの赤ちゃんたちは
ある場所に集められて健康管理をされているわけですが、
赤ちゃんのパパとママ以外の人たちが彼らに会える時間というのが
私がいた病院ではもうけられていました。



えぇ、午後9時半です 笑。



私が抗生物質の点滴を受けながらウトウトとし始め、
「さぁ、寝るか」と掛け布団を整え始めた頃、
赤ちゃんの部屋を探して迷い込んだ人たちが大量に
廊下を歩き回るわけですね。

病室のドアも、何かあったときに便利なので開けっ放しですから、
通りかかる人たちはまるで 動物園でオリの中の動物を見るかのように 私を
覗き込んでいくわけですね。それも次々と。


イタリアでは食事の時間が非常に大切で、
どんなに忙しくても家に帰ってマンマが作った食事を
食べる人がほとんどです。

なので仕事が終わり、家で食事をして、その後みんなで
「赤ちゃんを見に行こう!」となるのも当然の成り行きなんですが、
病院側もそれを見越してそういう時間を設定しているんだと思います。


それも家族の団結が強いイタリア、
誰かが一人で赤ちゃんを見に来る、なんてことは絶対にありません。

おばあちゃん、おじいちゃん、兄弟・姉妹、
時には近所の人まで引き連れて出産を祝いに来るわけですよ。
おまけにイタリア人は日本人と似て「イベントにはプレゼント」と
考える人たちですので、それぞれ大きな贈り物をかかえて
病院にやってくるわけですね。


それが、毎日、赤ちゃん一人のためではなく、
ここ数日の間に生まれた赤ちゃんすべて のために
この大家族が 押し寄せてくるわけです…。

その上、その団体さんが赤ちゃんにたどり着いた後の賑やかさ!

んまぁぁ-ぁ、なんて可愛いのかしらぁ-っ!
んぅぅうんん-♪
ゥばばばばぁ-、おばあちゃんでちゅよー

赤ちゃんを見たときの人間の自然な反応は世界共通のようです 笑。
しかしイタリア人の声の大きさは日本の比ではありません。


あのー、普通に入院してる人もいるんですけど-



おまけにそばにいる人同士、自己紹介が始まるし、
その後は当然世間話につながるんですよね。
ったく、イタリア人って 笑。

でもまぁ、赤ちゃん誕生なんて家族を大切にするイタリアでは
本当に本当に重要なニュースだろうし、それを皆が心から
喜んでいる様子がものすごく伝わってくるので
会話を 盗み聞き するのも結構楽しい時間でした。

毎日寝不足でしたけどね、へへ。


オンライン書店 boople.com(ブープル)
関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア ]
10/11 19:22 | イタリアで入院 | コメント:11
青渕さん、

こんにちは!
毎日たくさん読んでくださっているのですね。
ありがとうございます。

イタリア人が必ず家に帰って食事をするのは
そのまま家族の絆を強めることにつながっているように
感じます。テクノロジーがそれほど発達していないけれど
家族が助け合って強く雑草のように暮らしているのが
イタリア人。将来何かが起きたとしても、イタリア人は
笑顔で自分で作ったものを食べながら過ごしているような
気がしてなりません。

履物?どこかに書きましたっけ?
こんにちは。

病院編、拝見しました。
「どんなに忙しくても家に帰って・・」には、

イタリア人の賢さがうかがえました。
大変な忍耐と努力の結果と思います。

次に気になるのが、「履き物」に対する取り組みです。
一般家庭の考え方を聞けたら、、と思っております。

私の疑問は聞き流してもらって結構です。


ちゃきさん、

さっそくのご訪問&書き込みありがとうございます!
全部読んでいただいたんですか????
うわぁー、ありがとうございます!!!

しかし伏字ワード、爆笑しちゃいましたよ!!
まさか他人に聞かれているとは思いませんものね(笑)。
あんなに愛らしいお子さんの誕生の瞬間だというのに
大変でしたねぇ…(しみじみ)
いやいや、出産というのはいろんな意味ですごいですね、
ホントに。

>まんまみーあって、oh my god!って意味だったんですねー!

そうなんですよー。
確かにレストランなんかでよく使われていますね。
イタリアにいらっしゃると良く耳にされると思いますよ♪
先日は、myブログに遊びにきてくれて
ありがとうございます♪
さっそく来てしまいました~♪
ドイツもイタリアも憧れの国なので、感動~~!
えんえんと、ぜ~んぶ読まさせていただきましたぁ!えへっ!

あたしは、出産のとき、子供よりも、後ろの穴からの
物体が出そうで・・・○○○~~って叫んでしまいました。
そしたら、それを、隣で出産してた人に聞かれてて、
あとで、食堂で、「○○○~って叫んでたひとがいたよ~」と
言われたけど、自分だとはいえなかったです。笑

まんまみーあって、oh my god!って意味だったんですねー!
なんもしらなくて・・笑
よくイタリア料理のお店の名前になってるから
てっきり、おいしいとか、食べようとかそういう類の
言葉だとおもってましたーー!あはっ!笑

あ、あたしも筋腫もちで、手術がいまかいまかと
せまってきてます。笑
またちょくちょく寄らせてください♪
MOさん、

私が直接聞いたこの叫び声は「パパぁーっ!」だったんですよ♪
プーリアの人、ローマの人、アフリカの人など色々な場所から
来た人がいましたので(私は日本人だし 笑)、
たぶん地元の人ではなかったのかもしれませんね。

それにしても、息子さんに驚かれるほど笑っていただけたなんて
嬉しいですよー 笑。
Mezzanaさん♪
思わず声を出して笑ってしまいました!
息子に、「Che sucesso???」 と聞かれる始末・・・・ ^^;

特に
パパァアアァーッ!!!! のあたりで・・・♪
でもトスカーナだと Babbo になるので、あまりいいひびきじゃないですね^^;
バッボォォォ~~~~~~! になるのかな? 笑)
parisat さん、

書き込み有難うございます。
ルネッサンス時代の絵画とは!素晴らしいですねー。
豪華で美しく、エレガントで…♪

プラダのアウトレットは私も昔は毎週行ってました 笑。
そういえば最近行ってないなー。

ドイツでも婦人科系で入院したことはあるのですが、
あの時はあの声は聞こえなかったです。
ドイツ人だともっと深刻そうだなぁ… 笑。

また寄らせていただきますね。



amorechanさん、

そうなんですよー、感動的な瞬間に自分たちまで
立ち会えているような気分だったんです 笑。
勝手ですよねー、ははは。
最後に赤ちゃんの鳴き声が聞こえると、夫は
必ず涙目になって感激していました。

>サムライは出産しませんよねぇ???

ホントですよねー!爆笑です。
でもミラノはもう少しお上品そうだなー。
ナポリとかシチリアの話を聞いてみたいです 笑



buongusさん、

笑っていただけると嬉しいです。
人生楽しんだものが勝ちですよね♪

日本での叫び声がどういうものかわかりませんが、
イタリア人は本当に賑やかでしたよー。
同時に出産がどんなに大変なものかというのを
他人ながらも一緒に体験した気分になりました。

Mezzanaの由来…はつまらないので省略します 笑。

こちらこそまた寄らせていただきますねー。
書き込み有難うございました。



ユマさん、

こんにちは!書き込み有難うございます。
そうです、イタリアに住んでるんですよー、田舎です 笑。

ポックリいくまでなどと言わず!
ヨーロッパは本当に面白いですよ。
以前はドイツに10年以上住んでいたんですが、
こんなに近いのにまったく違う景色に国民性…
いろんな国を見比べて初めて「ヨーロッパを見た」と
言えると思うんですよね。本当に楽しいです。

夜行列車で欧州内を旅すると、国境のたびに
車内アナウンスの言葉が変わり、車掌が変わり、
おまけに車掌たちの制服が変わります。
もちろん風景も変わりますからね、得した気分です。

私もまた寄らせていただきますね!



こんばんは。先日はコメントど~もです。
イタリアにお住まいなんですか?
私、旅行が大好きでポックリいくまでにはヨーロッパに…って思ってます(笑)
ところでかなり楽しいお話ですね~
色々イタリアの日常生活が気になってきました。
宜しかったらまた遊びにきて下さいネ
私もまたおじゃましますのでこれからもどうぞヨロシクです♪
mezzana さん♪

 ciao! buongiorno!!!

ワタクシも、吹き出しそうになりながら、ニヤニヤと読ませて頂きました。
リアルタイムで、想像できる状況なんて、めったにないですものね♪

 うふふふ。 所変われば、お国柄が出ますね。

mezzana さんというハンドルネームの由来にも、興味津々だったりするわけですが(笑)、書き口調もとっても面白いです♪

また、是非、お邪魔させて頂きますので、よろしくお願いします。
笑いすぎてお腹が痛くなりました。イタリアの産婦人科の壮絶さは噂には聞いておりましたが・・・その個性的な叫び声を楽しんでいるMezzanaさんご夫妻の姿を勝手に想像しておりました。(笑)
私の友人がミラノで出産したときは、「死ぬぅぅぅ~」と言うのもあったそうです。更にお医者さんに「日本人は我慢強いねぇ、やっぱりサムライの国だからかねぇ」と誉められたとか。でも、サムライは出産しませんよねぇ???
こんにちは。先ほどは私のブログのほうに遊びに来ていただいてありがとうございました。イタリアにおすまいなんですね。それもトスカーナの田舎!!私があこがれにあこがれている土地です。私は絵をやっているのですが、イタリアルネッサンス時代の絵というのがものすごく好きで師匠もそういう絵をずっとかき続けている人なのです。フィレンツェまでは行ったことがあるのですが、トスカーナの田舎はプラダのストック店しかいったことがなくって・・・・また楽しみにブログのほうに遊びに来させていただきますね。
あ!そういえば私、出産ドイツでしてるんです。ドイツ人の”叫び声”もそれはすごいものがありました。それを励ますお医者さんの”ブンダバ~~~~~”っていう同じく叫び声にも笑っちゃいました。

どうぞよろしくお願いします。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------



template design by takamu
Copyright © 2006 mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。