イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.04 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 > 2017.06











春のトスカーナ



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語




海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 
 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
歴史あるもの、
夫の実家で同居を始めたころ、
義母が毎朝、このカップにカプチーノをいれてくれていました。






 
El Casco スペイン製鉛筆削り








淡い色使いとほっこりとした使い心地で、
カプチーノを飲むより紅茶の方が似合いそうだなぁ、と
思っていましたが、なんとこれ、夫の父方の祖母が、
お嫁入りの時に持参したものなんだそうです!


dicember 328


義父はすでに68歳だそうなので、少なくとも70年くらいは
たっていることになりますよね…。しかもお嫁入りの時に
新しく買ったのではなく、もしかするとそのまたご両親が
使っていたものなのかもしれませんし…。


その祖母は夫が生まれる前に他界したそうで、
つまり夫も会ったことはないということになるのですが、
そのおばあちゃんのお嫁入り道具で私が毎朝
カプチーノを飲むというのはとても不思議な気持でした。


よくみると、ひとつひとつ花の色や形が違っているので
恐らく手で描かれたものなのでしょう。
そしてセロハンを貼ったような不思議な光沢も、
言われてみれば昔のセルロイドの人形を思わせる感じです。


dicember 329


残っているのは4客だけになっていますが
少しでも長く、大切に使っていって欲しいですよね。




そして、このカップの写真を撮っていたら、義母が今度は
こんなものを出してきてくれました。


dicember 339


こちらはひとつも欠けることなく、12人分揃っていました。
義父が子供のころに、義祖父が買い揃えたもののようです。
丸みをおびた形がなんとも可愛いですよね~


見づらいですが、模様も色あせずにそのまま残っています。


dicember 335


最近のお洒落なデミタスカップと違い、背が低くて
厚みもしっかりしたこういうエスプレッソカップのセットは
珍しくなりましたね。


この写真が一番、本物の色に近いかな…
不思議な緑色をしています。


dicember 341



ここまできたら、義両親が「これも古いぞ!こっちにもあるわよ~」と
大変なことに…。 すっかり撮影大会になってしまいました 涙。



dicember 344



dicember 345



義父は現役時代は旅行会社を経営していたため、
幸運なことに家族でいろいろな国を周る機会が多く、
そのたびにお土産に、家族で使える食器を購入していたようです。
とにかくまぁ、いろいろなものがある家なんですが(笑)。


白く見えますが、薄い水色で、ハンガリーのものだそうです。


dicember 348



これはティーセット。これもハンガリーで。
ハンガリーというと、ビビッドな色使いやサイケな模様の陶磁器を
思い浮かべてしまいますが、こんなシックなものもあるんですね~。
夫が生まれる前に購入したものだそうです。


dicember 359



そしてこのグラスたち。義母いわく、「とにかく古い」(笑)。
彼女がこの家に来たときはすでにあったそうですよ。


 dicember 358



dicember 362


このナポレオンのグラスも、世界中で見かけますが(笑)
上記のグラスと一緒にすでにあったものだそうです。


 dicember 363


最後にこれ、
キッチンに飾ってあるのですが、これも古そう…。


dicember 388



この足がなんともいえず可愛いです。


dicember 391



ヨーロッパでいつまでもアンティーク市がなくならないのは、
お年寄りが亡くなったとき、業者が家ごとや部屋ごと、
すべてを一斉に買い付けることもあるからだそうですね。
残った家を壊して新しいマンションなどをビジネス用に建てるような時は特に、
家族が家財道具すべてを売りに出すことも少なくないそうです。
そうでなければ絵葉書などプライベートなものまで
出回ることはなさそうですものね。


探してみるとまだまだおもしろいものがたくさんありそうですが、
長くなるので今回はこの辺で。





 「ピサのアンティーク市」の記事を読む






日本でイタリアの雑誌を講読してみませんか?

ファッション雑誌でイタリア語の勉強、しちゃいましょう♪
送料無料で 12冊 15360円です




関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア生活 ]
01/06 16:52 | イタリア生活 「モノ」 | コメント:14
甲斐小泉さん、

ノリタケ、いいですね♪
また、褒めてくださった方にお分けするという潔さ!
素敵ですよね~。

私も1度、ドイツの電車の中で買ったばかりと思われる
ガラスのコースターを見ている人がいたので
思わず褒めてしまったのですが、するとその方、
見ず知らずの私にわけてくださったんですよ!

そのお気持に本当に感動した良い思い出になりました。
きっとお祖母さまのその食器も喜んでいるのではないでしょうか。
マイキーさん、

ごめんなさい、書き方が悪かったですね!
これ、すべて夫の実家にあるものなんですよ。
以前は2年間同居していたのですが、
今は新居を設け、別々に暮らしています。

私もきっと割ってしまうので(笑)、
きちんと保管は無理だと思います 汗。

> これからも大事に、受け継いでいってくださいね~!

はい、気をつけて大切に扱います!
葉山の師匠が見たら、羨ましがってしまうようなアンティークの数々ですね。

我が家でも祖母が嫁入りの時に買ったというノリタケがありますが、セットはちりぢりになり、1枚、2枚しか残ってないのです。(おまけにお調子乗りの祖母が、年下の方が褒めたらあげちゃったりして^^;) セットで揃えて大事にされているというところに、当然と言えば当然なんですが、洋食器とのお付き合いの長さを感じますね。
mezzanaさんのお宅はアンティークの宝庫ですね!
どれもクラシックで素敵ですね~。
私なら、割ってしまわないかとドキドキして
暮らせないかもしれません(笑)。
実家には祖母の時代のものなども多少残っているんですが、
1つ欠け、1つ欠けして、本当にわずかになってしまいました。
これからも大事に、受け継いでいってくださいね~!
うめ吉さん、

そうおっしゃっていただけると本当に幸せな気持に
なってきてしまいました(笑)。ありがとうございます。

カップにしてみれば私は若輩者ですから(笑)、
これからは敬意をもって使いたいと思います。

アンティークもの、本当に歴史の重みを感じますよね。
先日も蚤の市でいろいろな食器を見てきたのですが、
どんな時代にどんな人たちが使っていたんだろうと
考えていたらあっという間に何時間も過ぎてしまっていました。

和食器の古いものも本当に素敵ですよね。
またいろいろ探してみたくなりました。
akiさん、

イタリアも、食器専門店に行くといろいろ綺麗なものが
たーくさんありますよ!私もよく行っては眺めています。
スーパーはやはり実用的なものが多いかもしれませんね。

歴史あるカップ、知らぬが仏で、知らなかったときは普通に
飲めていたのですが、その話を聞いてからなんだか
使いづらくなってしまいました。壊すのが怖くって(笑)。
でもまた遊びに行った時にでも、見知らぬ祖母に
心の中で話しかけながら紅茶でもいれたいと思います。
rittaroさん、

最初のカップ&ソーサーは本当にびっくりです。
義母が平気で食器洗浄器に入れてしまうのに
こんなにきれいに残っていることも驚きですよね。

rittaroさんのブログに最初にお邪魔した時に
すごく可愛い食器の写真だったことを覚えています。
なので集められていたという食器もも素敵なものなんだろうなぁ、
と思います。今度ぜひ紹介してくださいね!

陶磁器のお直しを専門にしている業者、ありますよ。
ネットでお近くの業者を検索してみてはいかがでしょうか?
きれいに直るといいですね!
vivnyancoさん、

特にお土産として旅行先で買ったものや、誰かからのプレゼントなんかは
すごく大切に扱う気がします。その辺は私も見習わなければ…。

お義母さま、すごいですね!
しかも広い場所にお1人でお住まいとは…。
Vivnyancoさんが捨てたゴミを拾われる、というのは
笑ってしまいましたが(すみません)、
もしかするとすごいお宝が眠っているかもしれませんね!

足のついたポット、可愛いですよね♪
撮っていたら「そんなもの取らないで~」と言われてしまったのですが
私もすごく気に入ってしまいました。今度由来を聞いてみますね。
施基さん、

紅茶がお好きなんですね!私もなんですよ~
ハンガリーのセット、色合いが落ち着いていて
あまりない柄ですよね。私も好きです。

お祖父さまのお話、お母さま、とても優しい方ですね。
施基さんがケガの身代わりになってくれた、と
思われたのかもしれませんね。
残念でしたが、こうしていつまでも施基さんの心の中に
思い出として残っているのも素敵なことかもしれませんね。
Mezzanaさん、こんにちは。

どれも趣があって素敵☆
何十年も旦那さまのお家を見守ってきたカップに
お義母様がカプチーノを入れて下さるなんて、
Mezzanaさんはとてもお幸せですね♪

たくさんのグラスが並んでるのを見ると、
ワイン大国イタリアだな~って羨ましく思います。(笑)

私もアンティーク物が大好きです。(和洋問わず)
アンティーク物を見ながら、どんな人がどのように使って
たのかなって想像するだけでも楽しいです。
私はおっちょこちょいなので、アンティークな食器は
使えず、いつも見てるだけです。(笑)

日本も昔は古い物を大切にしていたと思いますが、
いつから使い捨て社会になったのかな?
寂しいです。
こちらのスーパーで売られているティーカップは、どれもいまいちな物ばかりですが、昔は素敵なものがたくさん売られているんですね。イタリアでこんなに素敵なものはどこで買えるのか・・・。歴史あるカップで飲むカプチーノは、一味違いそうですね。
素敵なものばっかりですね♪
私は最初のカップ&ソーサーが好きです。
ミルクティーが合いそうです。

アンティークはデザインだけじゃなく、時間の積み重ねや使っていた人の思い出も詰まっているから、なんかどっしりとした雰囲気ありますねー。

うちにはこんな素敵なものはありませんー。
でも高校生のときに「いつか一人暮らしをしたときに!!」と雑貨屋に行っては集めていた食器はなぜか今でも使っています。
かけてしまったので捨てるべきものもあるのですが、なんか捨てられないんです・・・。
直したり出来ないもんでしょうかねぇ。
これはまた素晴らしい物ばかり!!
ものを大切に長く使うのは、ヨーロッパの良い習慣ですよね。使い捨て文化に慣らされた現代日本人も見習わなければ。
といいつつ・・・・実はうちの義母のうちには怪しい品が山の様にあるんです。
いえ、こんなに役に立ったり、価値があったりするものではございません。
いわゆるゴミ屋敷です。(よく私が捨てたゴミを拾っています)4LDKの一軒屋に物置まで建てての1人暮らし。
いつの日か掃除をする時、こういう逸品が出てくるといいんですけど・・・・

ちなみに私は足の付いたポットが気になります。
すごいですね!
大切にとってあるんですね、素敵だわ。
ハンガリーのティーセット、気になります。
紅茶好きの私(笑)。
子供の頃にね、私は会ったことがない母方の祖父(母が幼少の頃他界したので)の遺品のティーポットを転んで割ってしまったのですよ。
今でもずっと後悔していることです。
仕方がなかったのかもしれませんけれど。
船乗りだった彼のヨーロッパ土産だったと、母もちょこっと寂しそうだったなあ。
「いつか壊れるんだから」と言ってくれましたが。
思い出しちゃいました。
大事にして下さいね!
ちょっと羨ましいです、そういうものがちゃんと伝わっているおうち。
割った当人が…(笑)。
ふふ、まだまだ出てきそうなタカラモノ、楽しみにしています。

施基
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------



template design by takamu
Copyright © 2006 mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。