イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.03 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 2017.05











春のトスカーナ



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語




海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 
 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ツリー、飾りました
以前もご紹介していますが、昨日12月8日は 「無原罪の聖マリアの祭日」 。

マリアは処女でありながら大天使ガブリエルのお告げを受け、
それを信仰心厚く受け入れ、後に実際イエス・キリストを妊娠し、
出産した、と考えるカトリック教徒のための祝日ですね。

ここで、教徒に怒られそうな 小噺 を。






 
ロイヤルコペンハーゲン 2009







  ***************************************************

神がイタリアを作られたとき、大天使ガブリエルが抗議した。


「神よ。 なぜイタリアにだけ、こんなにも恵まれた気候、肥沃な大地、
あまりにも美しい景色、すばらしい食物を与えられたのですか? 
イタリアは恵まれすぎています。不公平ではありませんか?」


その質問に神は答えた。



「安心しなさい。 イタリア人を作っておいたから 。」

  ***************************************************



ははは、神様ぁ~、その代償、 大きすぎましたよ~ (笑)。



と冗談はここまでにして、イタリアでもようやくツリーを飾る日がきました。
いろいろなブログで世界中のみなさんがきれいなツリーを飾っているのを見て
ため息をついていましたが、やっとうちにも飾りましたよ~。


今年も飾りをいろいろ追加しました♪


november 655



november 670



夫は前日からウキウキ。
やっぱり彼らにとってクリスマスは特別なんだなぁ、と
肌で感じる瞬間ですね。


私なんて 正月でさえどんなだったか良く覚えていない という
似非日本人なうえ、こうしたキリスト教の祝い事も
「ふーん、」と静観するだけ、というのは人間として間違っているのでは… 汗。


とは言っても、ヨーロッパでこうした宗教的な儀式を簡単に考えて
色々真似してみるも、それは本当の「マネ」でしかないわけで 汗、
1度きちんとキリスト教について勉強してみるのもいいかな、と思っています。


…聖書開いてもすーぐ閉じちゃいますけどね 汗。 マア、イズレ…。



 november 682



中学生の頃は、近所にインターナショナルスクールがあったので
そこの日曜学校に通っていたりはしたんですけどね。
キリスト教というだけでどんな宗派なのか全然知らなかったですし 恥、


英語しゃべれるー、
外国人の友達ができるー、
恰好良いおうちで遊べるー、


などというあまりにも罰当たりな理由で通っていたに過ぎません 汗。
だから、大人になった今、知識を増やす、夫の文化をもっと理解する、
という意味での勉強は、自分のためにもなるんじゃないかな、と思ってます。



さて、さて、
この前も書いた ドイツのクリスマスの恰好良さ。
オフィシャルサイト巡りで色々見つけたので見てくださいよー。


ケルン
weihnachtsmarkt koeln



フランクフルト
Frankfurter_weihnachtsmarkt_nacht_large.jpg



ローテンブルグ
 324191395_e78d28f981.jpg



シュトゥットゥガルト
p2_g_convert_20081209230426.jpg



2175826491_fa8e8b9838.jpg



ミュンヘン
 2089848919_b81c9af6f3.jpg




どうですか?なんか 「ごめんなさい…」って感じですよね?? 涙。
だって例えばローテンブルグとかって、普段からこんな町なんですよ。



Rothenburg_gross.jpg



メルヘン・アレルギーの私だって思わず 「か、かわいい…」と
つぶやくようなこの外観。 ある意味、卑怯ですよね??(笑)。
これが、クリスマスの飾り付けをして可愛くないはずがない。



  5815,1,3,315,0,true,true,0



すごいなー。
…もう何度見ても、「すごい、」しか出てきません。


ちなみに、ピサ中心地に出ていたオーナメントの屋台。



november 549



november 547



まぁ、きれいっちゃーきれいですが、
やっぱりドイツと比べると 「ププーッ」 って感じなのはなぜでしょうか…。
モードに関してはあんなに素晴らしい才能を発揮するというのに、
なーんかこういうときってダサダサなイタリア人。不思議ですな。



ドイツってばお菓子まで可愛いし…。
この時期、やっぱりドイツのが楽しそう… 涙。


SM50427_07.jpg






 「イタリアで入院」を読む



関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア生活 ]
12/09 15:34 | 未分類 | コメント:28
るなさん、

ドイツのクリスマス、本当にすごいですよね~
ドイツ人はイタリア人のように甲高い声で話したりしないので、
そこがまた幻想的な雰囲気をかもし出すのに役立っている気がします。

るなさんはローテンブルグにいかれたんですね~
本当に、小さな町ですが、マッチ箱のような家が並んでいて
すごく可愛らしい町ですよね。

>町が大聖堂がすでに反則ですね・・・

そうなんです。ミラノの大聖堂のまん前で
クリスマスマーケットを開くのと同じですものね。
夜、ライトアップされた姿は本当に素敵です。
私も何度も繰り返し写真を見ながらため息をついています…(笑)。

ツリー、今年も出しました。覚えてくださっていて嬉しいです。
去年はすべて買ったばかりでオーナメントも少なかったので
色々買い足しました。少し楽しくなりましたよ♪
ピッコリーナゆかさん、

書き込みありがとうございます!
毎日ママ業、おつかれさまです。今日もコスィモくんは元気ですか?
おんぶって気持ちがいいでしょうね~
コスィモくんに合った方法が見つかって本当に良かったですね!
離乳食、コスィモくんはイタリア人でもあるのでパルミジァーノをあげてみるとか♪
CCBさんのご意見も参考にして、イタリア風もいいかもしれないですね!

小噺、笑っていただけたようなら私も嬉しいです。
ありがとう!イタリア人!!(笑)

>ドイツのメルヘンな雰囲気をコスィモに見せてあげたいなぁ。

もう少し大きくなったら冬に行かれるのもいいですね!
マーケットの中を、サンタ役の人が歩いているので
子供たちはいつも大はしゃぎしていますよ♪
クリスマスって子供にとって本当に特別なものなんだな、と思います。
数年後のコスィモくんも楽しみですね♪

vivnyanさん、

代償、イタリア人ですよ~ 涙。 大きすぎます、辛いです(笑)。

1度、クリスマスにイタリアでホームステイされてはいかがでしょうか?
そりゃもう、とんでもない量、食べさせられますよ!!!

> ヨーロッパは基本精神がキリスト教ですものね。根底には常にキリスト教・・・

そうなんです。別の方のお返事にも書いたのですが、ホームレスの男性が
叫びながら近づいてきても、皆絶対に逃げたりしないで話しを聞いてあげるのは
困った人に手を差し伸べるという宗教的な考えが根底にあるからだと
思うんですよね。夫の祖母が意識不明で運ばれたのですが、そんな時も
人間は誰も皆空に帰るのだ、という考えがあり自然に受け止められるのは
思想が宗教的になっているからじゃないかな?と思うんです。
そのため、彼らの考えと宗教がどの程度密接なのかを探ってみたいと思いました。

vivnyanさんもキリスト教について勉強されたんですね。
私は本当になぞっただけなので、すごく興味深いです。
マイキーさん、

マイキーさんも日曜学校に通われていたんですね~
そうそう、おいしいお菓子ももらえるんですよね(笑)。

フランクフルト、中心地の店のある場所を歩かれましたか?
ドイツはクリスマスマーケットのある場所が一番華やかなんですが、
フランクは確かそれが中心地からちょっとだけ離れてるんですよね。
もしかしたらそのためだったのか、もしくはテロや災害があった年は
ツリーを飾らずにそのお金を寄付する町もあるので、
ちょうど行かれた年がそれに当たっていたかもしれませんね。

>食べる日じゃないと教えてやって下さい

とんでもない!クリスマスは家族が集まるお祭りですので、
どこの国もしっかり食べると思いますよー。
イタリアなんか、前菜だけでもとんでもない数があり、
昼から食べて、食べ終わることには日が暮れています…。
その後3日間くらいは胃薬のお世話になりますよ 涙。

マイキーさんのご馳走も楽しみですね!!
菜雪さん、

ドイツでこうなんですから、
本場の北欧なんてどんなことになっているんだろう?と思います。
ただ、雪が多すぎて寒いでしょうね~(笑)。

イタリアの屋台も気に入っていただけましたか?
手作りのガラスのオーナメントも扱っていて
一つ一つはすごく綺麗だったんですよ。
(お高いですが…(笑))

>行きたい!買いたい!

に大爆笑♪菜雪さんとはすごい気が合いそうです(笑)。

そうなんです、うちの飾りはキラキラ系なんですよ。
というのは色をオレンジ、ブロンズ、ゴールドだけで
統一しているので、せめてキラキラさせないと
思いっきり地味になってしまうので… 涙。
まなさん、

おぉっ!まなさんをノックアウトしてしまいました!!
本当に、絵本から切り取ったような風景ですよね~
ドイツのクリスマスマーケットって本当にすごいですよね。

ミュンヘンにいた時は、中心地のマーケットを通りながら
帰宅していました。人が多くて辟易してしまいますが(笑)、
それでも灯りがすごく綺麗で嬉しかったのを覚えています。

この時期だけはドイツ人も笑顔ですしね~(笑)。

小噺、気に入っていただけて嬉しいです。
また小出しにご紹介しますね~
ちゃたろうさん、

>たくさん食べちゃいけないクリスマスなんて嫌いだぁっ。

ではぜひ、イタリアへ♪
何皿も無理やり食べさせられるので、その後2日間くらいは
胃がいたくなるのがイタリアのクリスマスです… 怖。

> 冬に北イタリアからず~っと陸路で北上して、ドイツまで雪景色を楽しみたい、

北イタリアといわず、ぜひぜひトスカーナからどうぞ~!
ただ、冬の陸路はアルプス山脈の雪が厳しすぎるかもしれませんね。
電車の旅はいかがですか?
フィレンツェからオーストリアを通り、ミュンヘンにつく電車に私は
何十回乗ったかもうわかりませんが、景色はもちろん建物や
車掌の制服からアナウンスまで変わるのですごくおもいしろいですよ。

そうですね、クリスマスは家族で過ごすお祭りですので
皆実家に戻っていてロンドンなどは人がいない状態かもしれないですね~
甲斐小泉さん、

イタリアの飾りの店、甲斐小泉さんのレスを拝読して、
こういう生活観溢れる感じがイタリアらしさなのかな、と感じました。


> だって、この間、聖墳墓教会で聖職者たちが
>大喧嘩したっていうくらいですから(笑)。

見ました、見ました!
殴り合いの喧嘩をしていましたよね~
またこの時期なのがすごく笑えます。
宗教って本当に、喧嘩や戦争の原因になりやすくて
何を信じればよいのかわからなくなる人がいるのも
当たり前だな、と思いますね。
Ricciaさん、

Ricciaさんのおうちもツリー飾られたんですね~
ホント、家の中が明るくなりますね!!
これだと5時前に暗くなっても、「ツリー灯せる♪」と
なんだか嬉しくなったりもしますよね!

ドイツのクリスマス、本当に夢の世界ですよね。
雪が降ると、周りの音も聞こえにくくなったりして、
本当に静かで荘厳なクリスマスになるんですよ。

イタリア人の甲高い声と違い、ドイツ人は低い声で
ボソボソと話すので余計に静かに感じるだけかもしれませんが(笑)。

シュトゥットゥガルトのマーケットは世界最大規模といわれています。
げちゅ~さん、

お返事が遅くなり申しわけありません。
そしてわざわざ成田空港から!
おかえりなさい、ありがとうございます!

>ニュルンベルクが世界で一番有名なクリスマスマーケットらしいですね。

私はシュトゥットゥガルトが規模と知名度共に一番、と聞いていたのですが、
毎年おもちゃメッセがあるニュールンベルグの方が知られているの
かもしれないな、と拝読して思いました。

げちゅ~さんはキリスト教について勉強されたんですね。
なつこさんへのお返事にも書いたのですが、こちらにいると
こちらの人たちの思想は本当に宗教と密接で、その程度に関して
勉強したくなってしまいました。例えば、夫の祖母が意識不明になり
入院したのですが、親戚一同誰もが、また病院のスタッフたちも
それを本当に自然のことと受け止めているんですよね。

それは祖母が天国へ行く、というカトリックの教えがあるからこそな
気がします。また、ホームレスの例も書きましたが、困っている人を
助けよう、という思いが自然に沸いてくる感じなのも
すごく興味深く見ています。

ドイツの写真、見に伺いますね!
なつこさん、

お返事が遅くなり申しわけありません。

以前ご自身のブログでも宗教に関して書かれていましたよね。
例えば日本でホームレスっぽい男性が叫びながら近づいてきた時、
日本なら誰もが露骨に嫌な顔をして避けながら逃げると思うんですが、
こちらの人ってそれをしないんですよね。

高校生ぐらいのグループでも怖そうな顔はしているけれど、ちゃんと話を
聞いてあげたりしているのがすごく目に入るんです。そういうのって
「無償の愛」というか、この人は困っているのかもしれないから
話を聞いてあげよう、という宗教的な思想が根底にあるからだろうと思い、
彼らをより理解するためにキリスト教と彼らの思いの結びつきを
学んでみたいと感じているところです。

天使ガブリエル、仲間ができて喜んでいるかもしれませんね♪
でも、人間というのはないものねだりなようで、イタリアにいるとまた
ドイツの良いところが思い出されるという勝手な生き物です(笑)。


> 最近私はキリスト教に飽きてしまい、別にクリスマスもあまりありがたい気がしませんが、寒くて曇りの続くドイツでクリスマスマーケットなどのイベントは欠かせないですね。
>
> しかし、私も天使ガブリエルとともに抗議しますよ!イタリアはずるい!「イタリア人を作っておいた」は笑えますが、個人的にイタリア人気質が好きなので、やはり神は不公平ですよ。
wacameさん、

お返事が遅くなり申しわけありませんでした。

ドイツ、本当に「クリスマス!」という感じですよね~
アメリカは、やはりエンターテイメントの国なので
すごく華やかで派手で大きなイルミネーションですが、
ドイツは厳かで静かな灯り、という感じかもしれませんね。

私は日本のクリスマスも大好きです。
宗教にしばられず、楽しいことを笑顔でこなせるのは
日本人の良いところだと思います。


> イタリアにも柿ってあるんですか?

はい、ドイツでもイタリアでも、普通にスーパーで売られているんですよ。
義父が子供の頃からあるそうなので、その歴史はかなり長い気がします。
柿ケーキの話、私、二度書いてしまいましたね!ごめんなさい~
めぐみさん、

お返事が遅くなり申しわけありませんでした。
堪能していただけたとは嬉しい限りです♪
本当に、絵本の世界そのままですよね~

おまけに寒くて、雪が降るのも当たり前という感じなので
気分はますます盛り上がってしまうんですよ♪

今、このお返事を書いていて思いだしましたが、
メルヘンってドイツ語ですね(笑)。
でも確かに、こんなのを見たら皆納得するでしょうねぇ…。

「メルヘン・ウェルカム」、笑ってしまいました!
リンクの件、嬉しいです、ありがとうございます。
私からもリンクさせていただきますね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
TOKOさん、

お返事が遅くなり申しわけありませんでした。
写真、気に入っていただけたようで嬉しいです。

六本木もテレビやWeb上で見るととーっても綺麗!ですが、
雰囲気がやっぱり少し変わる感じがしますよね。

日本のクリスマスは明るく楽しく、華やかで綺麗。
ドイツのクリスマスは静かで厳かな感じがします。

こんにちは!Mezzanaさんのクリスマスツリー今年もお見えしたんですね!素敵です!

ドイツのクリスマスすごい!おとぎの国みたいです。本当にサンタクロースがおりてきそうな感じです。ローテンブルグ一度いったんですけど、町がすでにかわいメルヘンの国でした。

雪のシュトゥットゥガルトも素敵!一度しかいったことのないドイツは(飛行機の乗り換えではよくいきますが・・・)おもいきり真夏だったので、次回は是非今の時期に行きたいです。町が大聖堂がすでに反則ですね・・・。いや、ため息がでました。

Mezzanaさん、先日は温かい言葉をたくさんありがとうございます!
あれから毎日1つのことをやったらそれでOK。あとはコスィモの為の
時間にしようって思ったら、気持ちも楽になったし自分が楽になりました。
専業主婦のうちにあれもこれもやりたい!って思っていたけど、もともと
ものぐさな私があれこれでいるはずもなく、何事もものんびりがいい
みたいです。おんぶをしながら皆さんへのお返事を書いたり、家事を
してコスィモとの時間を大切にしています。でもね、離乳食を食べさせる
のは戦いです。食事になるのはいつの日か・・・

素敵な国イタリアに作られたイタリア人達。プラマイゼロではなくむしろ、
マイ・・・と思えたり。久々に笑わせてもらいましたよ!

クリスマスはツリーを飾れるのは3年後ぐらいかな?それまでは何も
できないけど、ドイツの画像を見たら、クリスマスの時期だけでも
いいからドイツに住みたいなぁ。大富豪になったら(この発想が既に庶民
だわ)夏は、秋はこことここって住み分けしてみたい。なーんて、夢を
見たいなぁ。ドイツのメルヘンな雰囲気をコスィモに見せてあげたいなぁ。

またロト6を買い始めようかなって本気で思いました。
Mezzanaさん宅の、クリスマスの飾りは、シックで素敵ですね!
大人のクリスマスって感じがしますよ☆

Tシャツだけであくプラダのバッグまで染めるとは。やっぱりすごい!
洗濯機でできなくても鍋で染めれる?ふふふ、まずはCCBのシャツで
試してみようかな。いつも白いシャツに、トマトや醤油の染みが
付いててっ困っていたんです。日本にもあるかな?

Mezzanaさん、本当にありがとうございますo(゜∇゜*o)
そりゃいかん。代償がイタリア人ですか!?大きい代償だなー(爆)

いや私添乗歴長いですけど、クリスマスのドイツ、行った事ないんですよ。クリスマスは一度くらい行ってもいいかな~
でも基本的に食べ物に命かける私にとって、ドイツよりイタリアが有難いのは確かで・・・・

ヨーロッパは基本精神がキリスト教ですものね。根底には常にキリスト教・・・
私は逆に幼稚園からキリスト教で、中高大とキリスト教だったので、クリスチャンではありませんがキリスト教にまったく抵抗がないです。
街を歩いていて疲れると教会で休憩していたりします。
心身共におだやかになれます・・・・ってかそれは疲れているからかしら(笑)
クリスマスの楽しいところだけしっかり頂いてる
日本からコメントです(笑)。
私も日曜学校通ってました!
アメリカのお菓子が食べられる!が主な理由でした(汗)。
神父ご一家がアメリカ人だったもので・・・

クリスマスの時期にフランクフルトを通過したことがある
んですが。。。本当に”通過”だったんでしょうね。。。
キレイなツリーは全然見ることができなかったんです。
ちょっと歩いたりしたんですけどねー。なんでかなー。

ツリーを出すと一気に気分が盛り上がりますね!
いいとこ取りなので、頭の中はクリスマスディナーのことで
いっぱいですが(食べる日じゃないと教えてやって下さい)。
いやーやっぱしヨーロッパのクリスマスは
すんごいですね!!!
クリスマスを回る旅、したくなりますー。
ドイツもすごいけど、イタリアの屋台も
すっごいかわええですよ。行きたい!買いたい!
mezzanaさんのおうちの飾りはキラキラ系なんですね。
それまた好みですー。うふふ。
あいうーと!

Mezzanaさん、私はやっぱり国の選択を間違えました・・・。

メルヘン大好き、かわいいもの大好きな私には

やはりイタよりドイツなんだぁぁぁと再認識しました・涙。

そしてまたまた素敵な小噺、ありがとうございます♪
たくさん食べちゃいけないクリスマスなんて嫌いだぁっ。
って訳で、最近ではあまり盛大にクリスマスが来ない(ようにしている)我が家です。
ドイツの風景、たまらないです。
冬に北イタリアからず~っと陸路で北上して、ドイツまで雪景色を楽しみたい、というのが夢なので。
できればそのまんま北欧まで行きたいけれど、そんな旅行にいけるころには結構(今より、笑)年も取ってるだろうから、そのまま天国行きだったりして。

以前、パック旅行途中で、クリスマス当日のロンドンと郊外に寄りましたが、人はみなそれぞれの家に居るらしく、人影がほとんどなく、し~~んとしてるだけ、静かなだけ、でした。それもまた異国風の味わい、でしたけれど。
ドイツのクリスマス風景きれいですね~。

パック旅行で秋のドイツをバスで移動した時に「針葉樹がきれい」と思ったのですが、本来のキリスト教は南方で発生したのに、何故か針葉樹のあるような土地のクリスマス風景が麗しいですね~。

イタリアの飾り物のお店、今ひとつ締まらない雰囲気がほのぼのとしていて良いですね。

本当のクリスマスは、多分、締まらないのではないかと勝手に推測。

だって、この間、聖墳墓教会で聖職者たちが大喧嘩したっていうくらいですから(笑)。
うちも8日にクリスマスツリー飾りましたよ!なんだか家の中が明るくなった感じがします。

それにしてもドイツのクリスマス、素敵過ぎる!もともとの土台がいいのに、こんなにきれいにライトアップされると、思わず本物?って疑ってしまいます。シュトゥットゥガルトなんておもちゃのよう。
ただいま~です。今は成田空港でドイツから帰りました~。
自分が幼稚園の時はイタリア人が園長さんでした。
大学ではアメリカでクリスチャン学科を専攻してました。
アメリカの牧師さんの家でホームステイしてましたが
、やはり彼らに言わせるとバチカンは特別の存在だそうです。
ドイツは、X'masマーケットに関しては一番ですね。
イタリアからツアーバスが多く来てました。ニュルンベルクが世界で一番有名なクリスマスマーケットらしいですね。
(個人的には個人旅行で行ったナポリも凄いと思ったんです・・汗)
mezzanaさんも懐かしいと思いますが
いっぱいドイツの写真撮りましたので、落ち着いたらUPしますね。

最近私はキリスト教に飽きてしまい、別にクリスマスもあまりありがたい気がしませんが、寒くて曇りの続くドイツでクリスマスマーケットなどのイベントは欠かせないですね。

しかし、私も天使ガブリエルとともに抗議しますよ!イタリアはずるい!「イタリア人を作っておいた」は笑えますが、個人的にイタリア人気質が好きなので、やはり神は不公平ですよ。
ほんとだぁー、ドイツは反則ですよー。笑
すてき過ぎるぅーーー。ため息。
アメリカのお友達のブログで見る、賑やかさとは違って、うっとり夢の国ですね。雰囲気があって、クリスマス気分にどっぷり浸りきっちゃいますね。
(取って付けたような日本のクリスマスとは大違いっ!)
Mezzanaさんのツリーのオーナメントもキラキラしていて、美しい~☆

>柿はわざわざケーキにするより、そのままクリームチーズと一緒に食べるのがおすすめです。
イタリアにも柿ってあるんですか?
はぁ。。。
ごちそうさまでした。
またドイツの素敵なクリスマス写真を堪能しましたよ~*
ナンだよ、何だよ~。
ホントに絵本の世界がそのまま現実になっているって感じじゃないの~~~。
いいなー。こんなところに行けば訳なくロマンチックに浸れるわよ~。
あ、Mezzanaさんはメルヘンアレルギーなのですよね。
私とは正反対だ~(^_^;)
私はメルヘン・ウェルカムですよっ!

ところで、私、Mezzanaさんのブログをリンクさせていただきたいなと思っているのですが、よろしいでしょうか?
素晴らしい写真の数々!!何度もスクロールしてみてしまいました!!きれいですね・・・★
私のいる、六本木の町も、イルミネーションがきれいですが、やはり規模感がちがうなぁ。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------



template design by takamu
Copyright © 2006 mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。