海外 プライオリティパス 楽天 イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.10 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 2017.12











春のイタリア



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語



イタリアのホテル探し



pisa

roma

firenze







海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 

 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ピサの田舎で
今日は、犬を連れてお散歩です。







 november 215



夫の実家では、もう何十年も犬を飼い続けているそうです。
そして、どの犬の名前も代々、 「ブル」。


今週は義両親がエジプト旅行に行ってしまったため、
夫と義兄が交代でブルの面倒を見ています。 お土産なにかな~♪


お天気の良かったこの日、私たちはブルを散歩に連れ出しました。
ピサの斜塔から車で10分走っただけで、こんな世界が広がるんですよ。


(見えづらいですが左側です)アルノ川
november 175




トスカーナの象徴、糸杉。
november 185




november 192




オリーブ畑。
 november 178



ここは夫の友人のものなんですが、親子で床屋さんをしているので忙しく、
なかなか実をとることができないと、大声で喧嘩しながら働いていました(笑)。

november 168


それを耳にした夫が冗談で、警察の真似をして声をかけることで一件落着。
親子に笑顔が戻りました。 良かったー。


november 179




november 218




ぶどう畑
 november 199




柿の木もあります。
november 190




とうもろこしを刈るトラクター。
november 196



奥の方に白い鳥がたくさんいるのが見えますか?
とうもろこしを刈った後のおこぼれをもらうため、
トラクターを見るとすぐに集まってくるんだそうです。不思議!

november 213




ブル。12歳くらいだそうですが、人間でいうと何歳くらいなんでしょうか?
ちょうどその前のブルが亡くなって悲しみにくれていた時、
隣人が施設に預けようとしていた子犬を、義両親が引き取ったそうです。


1度、普段は庭を駆け回っているブルが、突然キッチンに入ってきて
義母を外に出るよう押したんだそうです。最初は無視していた義母も、
あまりに続くのでしょうがなく外に出て、押されるままに進んだところ、
ガレージで飼っているカメが2メートルの高さから下に落ちて
家具の裏側まで転がってしまっていたそう。


ブルはそれを教えたかったんですねぇ…。
義母がカメを見つけて手に取った時、
ピースマークのような笑顔だったそうですよ。


犬っておもしろいなぁー。

november 197




大きなきのこ。直径30cm近くのものもありました。
november 208




新しく建った家。
プール、テニスコート、サッカーコートが揃ってるけど、コンドミニアム?
引っ越してくるのはドイツ人とイギリス人ばかり…(笑)。

november 206




november 228




サイクリングやハイキングにも最適なので、
nove<br />mber 207




馬も楽しくお散歩です♪
november 225




この道はピサの町の中心地までずーっと続いています。
来たばかりの頃、自転車で挑戦したみたのですが、なんと30分以上…。
帰りはすっかり遅くなってしまい、電灯もなく、誰も通らないこんな道を
1人で半べそかきながら帰りました。義両親は半狂乱になっていました…。

 november 226




夫が生まれ育った場所。
「あそこで自転車で転んでドロだらけになったんだよ~」
「あそこの畑に入り込んでよく怒られたなぁ~」
とたくさんの思い出を、いつも笑顔で嬉しそうに話してくれます。


歩いているとどこからともなく 「お~いっ!」と夫を呼ぶ声が聞こえ、
ここで夫と一緒に育った友人やその家族が手を振るのが目に入ります。


日本のように、何でも欲しいものが手に入るわけではない場所だから、
皆が日々、声を掛け合って、助け合って暮らすしかない。
でもだからこそ、ますます横のつながりが強くなり、
相手を思いやる心を持つ人間が出来上がるのかなぁ、と思います。


夫をはじめ、この土地の人たちは本当に優しくて、そして強い。
自分のことより相手の気持ちを大切にできる人たちがすごく多いです。


物質社会で育ってきた私にとって、心を浄化できる気がする場所、
心の中のモヤモヤを取り払ってくれる、大切な場所です。



今日は2時間、歩きました!ブルもお疲れの様子…。
楽しかったね、また一緒に散歩しようね。





【おまけ】

勝手に裏口を開けてキッチンに入ってくるブル
Copia (2) di IMMAGIN5


関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア生活 ]
11/20 15:32 | ピサ | コメント:20
なつこさん、

リンク先まで見ていただいてありがとうございました。
ジャンニ・スキッキは「ポンテ・ヴェッキオから身を投げるわよ」
というくだりがありますね。
(うちからそう遠くないところにプッチーニの生家があります)

私もアルノ川はフィレンツェのイメージが強かったので、
初めてピサの海に流れ着くところを見て感動してしまいました。
といっても普通の海なんですけれど…(笑)。
なつこさんにもぜひ1度見ていただきたいと思いました。

ただ、冬休みというのは、アルプスの山越えが大変じゃないかな?
と思ったのですが…、雪道の運転は慣れていらっしゃいますか?

私はフュッセンで2月に免許を取ったため、雪道でも問題なく
運転できる方だと思うのですが、それでもミュンヘン以南の
冬の運転は怖くて無理でした。冬タイヤがグルグルと
回転してしまって動かなくなったりも経験があるんですよね。

もし本当にイタリアにいらっしゃることをお考えでしたら
どうぞチェーンもお持ちになってくださいね。
(禁止されている道路もありますが)
一番のお勧めは5月なので、それまで色々プランを
練っておくのも良いかな?と思うのですが。
うめ吉さん、

>片足あげながらもカメラ目線

私が写真を撮ろうとするのと、彼が(はい、オスです)
用を足そうとするのが同時だったようで、
この後気まずい感じで足を下ろし、用は足さずに
そのまま歩いていっていました(笑)。

ご実家のわんちゃんはうめ吉くんですね♪
雨を教えてくれるとはすごいですね!
ブルなら濡れるのがイヤでさっさと家に帰りそうです…。

そして褒められた時の得意そうな顔、わかります♪
「見てみて!どう?」みたいな顔、しますよね~
で、反対に悪いことをすると目をあわさないように
「やばい…、」という顔をしているのも笑えますよね。

自然が多くて人との係わり合いが多いというのは、
最初はすごくストレスでしたが、おっしゃるように
お年寄りが皆100歳くらいまで元気に暮らしているので
実際に、そこにストレスを感じることさえなければ
元気に長生きできそうな気がします。

私も、年とともにすっかりはまってしまっています(笑)。
再コメント失礼します。
過去のブログへのリンクありがとうございました。
楽しく読ませていただきました。
ピサにはあんな大きなキース・ヘリングがあるんですね。かっこいい!
そして、きれいな海とちょっと怖いミッキー。
アルノ川はオペラのジャンニスキッキ中の有名なアリアで、「もし結婚させてくれないならアルノ川に飛び込んで死ぬから」という歌詞があって、それを知っていたので憬れていたんです。あの舞台はフィレンツェですが、おかげさまであの川の行きつく先をも見てみたいと思いました。

なんか本当に行ってみたくなってきました。実は冬休みにパドヴァに行くつもりだったのですが、遠出してピサも行ってみたくなってきました。
Mezzanaさん、こんにちは。
ブルくん(男の子ですよね?!)、可愛い~♪
片足あげながらもカメラ目線なんて!(笑)
ドアを開けようとする姿もカワイイ☆

本当に犬って頭が良い動物ですよね。
褒められるととても得意そうな顔をするのが
何ともいえず可愛くて愛しいです。
私の実家の愛犬も、雨が降り出したら
ワンワンと吠えて教えてくれたりします(笑)。

自然がいっぱいの場所で過ごせるワンちゃんは幸せですね。
もちろん人間にとっても幸せで羨ましい!!
こんな自然がいっぱいの場所で生活できたら
元気で長生きできそうな気がします。

観光地とは違う、普通のイタリアの風景を知ることができ、
益々イタリアに住んでみたくなりました。(笑)
るなさん、

何も知らずに「ここをまっすぐ行けば中心地に着くよ!」と
言われてそのまま走っていたら30分以上かかったんです 涙。
外灯もまったくなくて、本当に怖かったですよ~ 涙。
でもこうして晴れた日の午後に散歩するには最高です。

ブル、いつもははしゃぎまわって馬みたいなんですが、
私が手術をした後にゆーっくりしか歩けなかった時、
私の顔をみながらペースを合わせて一緒に歩いてくれたりも
したんです。犬って不思議だなぁ、と思いました。
ドアを開けるのも笑っちゃいますよね。

それから、リンクまでしてくださってありがとうございます。
チョコレートも気に入ってくださったようでよかったです。
やっぱりドイツものはちょっと違いますよね。
PennyとLidlって不思議なものがたくさんあるんですよね。
乾電池も、もし必要ならあそこのものが一番いいですよ。
Masamiさん、

あ、ややこしい書き方をしてすみません、
ここは夫の実家がある場所で、以前は義両親と同居していて
私もここに住んでいたのですが、今は私たちはまたもう少し
奥まったところに住んでいるんですよ。

この田舎の人たちの感覚、来たばかりの頃は
本当にイヤでイヤでしょうがなかったんですが、
今はすごく守られているという安心感を抱くことが
できるようになりました。きっとMasamiさんも
感じていらっしゃると思うのですが、何もかもが
日本のようにはうまくいかないイタリアで、こういう
場所で暮らせるのは幸せなことかな、と思います。

そして、おっしゃるように自然が周りにある環境は
本当に素晴らしいですよね!Masamiさんはお子さんも
いらっしゃるので余計にそう感じられるかもしれませんね。
庭に出るたびに幸せな気持ちを味わっています♪
marimari さん、

大昔から使っているもので、私が壊してしまったものが
たくさんあるんですが(笑)、例えば植木バサミとか
壊しちゃったので新しいものを買いに行こうとすると、
「あぁ、○○さんに直せるか聞いてみよう」という
話になって、また実際に直っちゃうんですよね(笑)。
おっしゃるように、古きよき日本の風景が
まだそこに在る、という感じがしますよ。

ブル、笑いますよね(笑)。
ぬ~っと立ち上がってバンッ!と開けるんですよ。
食事中などは鍵をしめておくんですが、
そうするとこちらを見ながらアゴで「あけろ!あけろ!」
とジェスチャーしながら催促をします(笑)。

無視しているとすごく悲しそうなうるんだ目で見るので
たまらないですよ(笑)。
なつこさん、

これは月曜か火曜くらいに撮りました。
午後遅くに撮ったので暗く見えますが、
実際にはサンサンと日が当たり気持ちのよい場所です。

アルノ川、そうです、フィレンツェを通る川です。
そこからピサの街中を通り、
http://mezzana.blog20.fc2.com/blog-entry-110.html

その後Marina di Pisaという海にたどり着くんですよ。
http://mezzana.blog20.fc2.com/blog-entry-104.html

街中を流れる様子はフィレンツェとちょっと似ている
ような気がします。でもそれがピサにある海へ
流れ着くというのはあまり知られていないかもしれませんね。

ブル、私にとっては初めての犬だったのですが、
聞いていた通り、本当に犬って賢いですね。
まさかそこまでとは思っていなかったので
すごく勉強になりました。自分を人間というか、
私たちと同じだと思っている感覚も肌で感じます。

甲斐小泉さん、

そうですね、夫の話を聞いていても、きっと100年くらい前も
このままだったのではないかと思います。
日本なら次々と住宅が建っているんじゃないかなぁ…、と
思いますが、土地はまだまだある場所なのでここに
手がかかるのはまだ少し先のことかもしれませんね。

柿、残念ですが、私は苦手なので食べたことが無いんです。
ドイツにも昔から、普通にスーパーで売っているんですよ。
おっしゃるように外来種なのかと思っていましたが、
結構古い木がそこら中にあるのでイタリア種も
存在するのかもしれません。今度聞いてみますね。

お友達の犬、ももちゃんとは可愛いお名前ですね!
ブル、たまーに人が通る時は、その人が犬嫌いだと申し訳ないので
首輪をかけて立ち止まるようにしているんですが、
それ以外は首輪もとって自由に走り回らせているので嬉しそうです。

Ricciaさん、

そうなんです、斜塔からわずか車で10分の場所なんですよ~
ピサは田舎なので(笑)、自然だけはたくさんあります。

Ricciaさんもご主人さまの生まれ育った場所で暮らして
いらっしゃるんですね!いろいろ大変なことの多いイタリアですが、
小さい頃から知っている人たちが周りにいると、なにか
守られているような温かい気持ちになりませんか?
どんな時でもサッと助け合うのが当たり前になっているから
みんなの親切に助けられながら楽しく暮らしている感じです。

キリンくん、ドアが閉められたらすごすぎますよ~!!
パペリッシマに出られちゃうかも(笑)。
この扉はノブを下に押してから、ドアも押して開くタイプ
なんですが、もう一つ別のドアはノブを押してから「引く」
タイプなのになぜかそこからも入ってきます…。

みんな中にいるのに自分だけ外なのが気に入らないんでしょうね(笑)。
wacameさん、

午後遅かったので日が陰っていたのが残念ですが、
お散歩をするには気持ちのよい一日でした。
高台になっているので見晴らしがよく、
すごく良い気分転換になるんですよ。

ブル、カメの話には本当に驚きました。
またいつもは馬のように走り回って体当たりしそうな勢いなのに、
私が術後あまり歩けなかった時は、じっとこちらを見ながら
歩調をあわせてゆっくりゆっくり歩いてくれたりして
本当に人間の気持ちがわかるんだな、と驚きました。
wacameさんもご実家に犬がいらしたんですね~♪
私はこれが初めての犬だったので、日々発見です。

夜は怖かったですよ >散歩  涙。
erikoさん、

アクセサリーのお仕事ですか?おつかれさまです。
自宅でひとりでする仕事はどうしても一生懸命に
なってしまいますよね。私もサイト翻訳などをするときは
アラームをかけて無理やりでも休み時間を作るように
しています。根詰めてしまうとろくな事がないので(笑)。

ブル、そうなんです。
食事をしていると外からジーッと見ているんですが、
もう我慢できない!とばかりにガチャッと開けて
入ってくるんですよ。人間みたいに掴んでますよね(笑)。
夫はサンタさんの気ぐるみが似合う体型なので、
ブルに化けるにはダイエットを成功させなくては…。

本当に冷えてきましたね。
このキーン!とした冬の空気、大好きです♪
この散歩道素敵ですね。一本の道がずっと続いていて。自転車で30分以上っていうのにはさすがにびっくりしましたが。

ブルかしこいですね。カメのことといい、家の扉をあけることといい、開けている姿がとってもかわいいです。

事後報告になりましたが、チョコ記事にさせていただきました。4箱もかったのにもうないんです・・・。ありがとうございました!
Mezzanaさん、長閑でとっても素敵な所に住んでいるのですね~!
それでいてピサまで車で10分とは言うことないですね^^

私も今では地元の人達の強さや暖かさが大好きです~*
それに自然がに囲まれて暮らせるってとても気持ちがいいですよね^^

お散歩コースが近くにあるのも、極上の贅沢ですよね~♪
素晴らしい環境ですね~♪
人々が助け合って暮らす温かい生活
日本もそうだったのに・・・。

写真、日本にも似ているなと思いながらも
3枚目などは、やっぱりイタリアですね

ワンコが可愛い^^♪!
ドアを開けるところなどサイコーですよo(=^▽^=)oにゃはっ♪
これって最近の写真ですよね?なんだか温かそうで、景色に優しさがありますね。いいなー。こんな素敵な所に住んでたら、放っておいても人はやさしくなるような気がします。

ピサからそんなに近いんですね。何となくイタリアの地理は分からないですが、アルノ川ってフィレンツェのポンテベッキォが架かってるやつですよね。ピサではこんな風なんですね。

それはそうとブルかわいい!おりこうさんですね。
本当にどの場面をとっても絵になりますね~。

耕運機等の文明の利器が畑にあったりはしても、もしかすると、何世代も前の風景とそうそうは変わらないのかな?と思ってしまいました。その変わらなさが羨ましいなぁと思う、変わり身の早すぎる日本です。

イタリアの柿は日本のと味が違いますか? 柿=日本等東洋のものというイメージだったのでイタリアにあるのが意外ですが、ひょっとして、外来種ですか?

ご主人様のご実家ではわんちゃんは代々ブルちゃんなんですか。そういえば知人の家のわんちゃんは代々ももちゃんです。こんな贅沢なコースをお散歩できてブルちゃんも幸せですね。

のどかないい環境ですね。これがあの観光客でひしめくピサからわずかな距離だなんて信じられないくらい。私も主人がこのあたりに小さい時から住んでいるので、いろいろ昔話なんかをしてくれます。少年時代の主人のイメージがわいて、聞いていても楽しいです。

ブルちゃん、おりこう!自分でドアを開けるんですね。うちのキリンはノブは回せないので、軽く閉めておくと鼻でつついて入ってきます。夏はいいのですが、冬は閉めることも覚えて欲しいといつも願っているのですが(笑)
とってもすてきな風景をありがとうございます♪
画像だけでも癒されますが、自分でそこに立ってみたいです。
ブル君、カメさんを助けたんですね。すごいなぁ。
犬って人間みたいですよね。実家にいた犬も自分を人間だと思ってたみたい。家族の一員ですね。
それにしても、暗くなってから歩くのは確かに泣きそうっ。Mezzanaさん、大変でしたね。

>お豆腐、たまに気分を変えて手で崩してます。味は変わらないけどね☆
ここ数日、忙しくてイライラしがちだったんですが、
この長閑な風景を見て癒されました。
お天気が良かった週末もずっとこもりっきりだったんで。
ウチの近所もこんな感じですよ。
煮詰まった時には、散歩でもするかな。
・・・でも、最近さすがに冷えてきましたね。

最後のブルの写真、ドアノブを握る手つきがあまりにも慣れていて、笑っちゃいました!
一瞬、旦那さんが着ぐるみ?・・・と思っちゃいました。ソンナワケナイヨネ。(^_^;)
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------
template design by takamu
Copyright © 2006 Mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。