イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.03 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 2017.05











春のトスカーナ



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語




海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 
 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
sardegna  フェリー編
日本帰国の時もそうですが、楽しい旅行の後は
どうもブログを書く気が起こらないようです 汗。







 
 オランダ生まれのSENZ  風に強い傘







出発前にはご心配をおかけいたしましたが、
フェリー到着が30分遅れたたけで、
滞在した5日間は一度も雨が降らずに過ごすことができました。


しかしサルデニァの海は綺麗!


9月中旬でこうなんですから、7月・8月の太陽がさんさんと
輝く季節にはどんなに美しい青い海を堪能できるんだろう、と
眺めながらため息ばかりついていました(笑)。



さて、これがピサのお隣、リヴォルノのフェリー乗り場。
うちからも車で30分もせずに到着します。


sardegna 003


これだけの車がすべて入るんだろうか??と
心配になるほどすごい数の車で一杯です。
この季節はイタリア人より、ドイツ人、オランダ人、スイス人などで
ごった返します。左前の車も、サーフボードを背負って
はるばるオランダからやって来たようですね。


出航予定時間は午後11時30分。


私たちは、行く予定だったレストランが満員だったため、
(土曜の夜だと言うのに予約をするのを忘れていました 汗)
マックでさっさと食べ終わり、なんと2時間半も前に到着したのでした…。


船の到着が30分遅れたので実に3時間待ち(涙)。
でも港には一応、TVのあるBARや土産屋、雑誌・新聞売り場などが
あったので時間をつぶしながら過ごしました。
(もちろん、DS持参ですし (笑))


で、ようやく到着したのがこのMOBY。
左下が開いているのがわかりますか?


sardegna 006


sardegna 008


待っていた車たちが次々と飲み込まれていきます。
こうしてみるとフェリーの大きさがわかりますよね。


sardegna 009


中はこんな感じ。
大型トラックもキャンピングカーも、奥からどんどん駐車していきます。
おもしろいのはカーブする場所もかまわず次から次へと
停めさせること。結構適当でイタリアらしいなぁ、と思いました。


私たちの車も、そのカーブの少し手前だったのですが、係員に
「はい、もっと前に、もっと前にぃーっ!あ、でも…、別にいっか、」
とわけのわからない誘導をされ、???でした(笑)。


sardegna 011


sardegna 012


車を停めたら階段で上階へ。


sardegna 014


次はキャビンのチェックインです。


sardegna 010


sardegna 013


料金は混雑状況や季節によって変わるのですが、
大人1人が大体2千円くらいと安いんです。
車はなんとこの日は0.81ユーロ(200円以下) (笑)。


しかしキャビンが大人2人で129ユーロ(2万円くらい?)と
結構するため、廊下で寝る人がすごく多かったです。
ドイツ人などが多かったせいももちろんあると思いますが。


ちなみにキャビンは2週間前に見た時は2人で4万円
くらいしていました。直前になったら下がっていたので良かったです。


昼間なら窓のある広い部屋が良かったのですが、
夜中の出発、しかも朝は5時半に掃除のために出なければ
ならなかったので、窓無しのベッドだけの部屋を取りました。


sardegna 016


小さなドアがシャワーとトイレ。
このほかドレッサー&椅子や、クローゼットもありました。
飛行機のようにチャンネル豊富なラジオがあってよかったです。


sardegna 018


その後フェリー内を探検。
これはセルフサービスのレストランです。
キャビンをとらずにここで一晩過ごす人もいるようでした。


sardegna 019


こちらはBAR。
全部で3,4つはあったような気がします。


sardegna 020


朝食時はブリオッシュを列になってどんどん受け取るんですが、
「ジャムのブリオッシュね!」とてきぱきと渡されました(笑)。
でも夫は絶対チョコレートがいいのに言えなそうだったので ←小心
私が「チョコレートはないんですか??」と聞いたらお兄さん、


「なんで隠してたの知ってるんだよー(笑)!
しょうがないな、最後のひとつだぞ、」


と笑いながらチョコレートのブリオッシュをくれました♪
どうやら自分のために最後のひとつを隠しておいたようです(笑)。
朝5時半でみんなボーッと黙って並んでいるというのに、
このお兄さんは笑顔で大声で明るかったです。
(その他の人は半分目が閉じていて無言…(笑))



こちらはメニューがあり、ウェイターがきちんと給仕
してくれるレストランです。たとえフェリーといえども
食について色々選べるのはイタリアですよね。


sardegna 254


到着は朝の7時。
でもその30分くらい前に放送が入り、車へ向かうことが
できるんです。驚いたのは、この放送の直後にものすごい数の
人たちがさっさと車へ向かい、7時ぴったりに到着したときは
全員きちんと車内で待機、しかも即効で出発し始めたことです。


とにかく着いた順にどんどん停めていますから、誰か1人でも
遅れるとそこから後ろの人たちが出発できないことになるんですが、
イタリア人、こういうときは行動が異常に早いです(笑)。
見た限り、遅れた人はただの1人もいなかったようで、
フェリーの出口が開くと同時に列が一気に動き始めました。



撮るのを忘れましたが、中にはバックスバニーやトゥイーティーと
いったキャラクターの像がそこら中にあり、子供を飽きさせない
つくりになっていました。中心には子供が楽しめる遊具がたくさん
ある場所もあり、たくさんの子供たちが遊んでいました。
限られた船内で一斉に泣き出したりしたら大変ですものね…。
売店でもたくさんのおもちゃが売っていましたよ。


さぁ、いよいよ到着です!


sardegna 253




つづきます♪
関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア生活 ]
09/27 15:06 | イタリア生活 「観光」 | コメント:22
たばっておいでさん、

普通の時間に到着する船もあるのですが、
私たちはこの時間を選んだので起床時間は仕方ありません。

チョコの件は笑いました。
譲ってくれてよかったです。
夫は子供のように嬉しそうに食べていましたよ。

イタリア人は遊ぶ時は本気で遊びますから(笑)。
まるで軍隊かのようにきっちりと時間通りに出発していましたよ。
2009.03.15。
こんばんは。
楽しそうな旅ですね。
キャビンは値段の割りには、早朝5:30と言うのがいただけないと思いました。
チョコレート、でかした。貴方の夫が喜んでいる様子が目に浮かぶようです。良い(頼りになる)妻ですね。
朝7:30の車の出発「嘘だろう」と疑いました。
このイタリア人気質は、我々日本人も是非見習う必要が有りますね。素晴らしい、の一言で感激した位です。
まなさん、

こんにちは!ご訪問ありがとうございます!
ご主人さまはリヴォルノの方ですか?
義両親さんがそうだということはきっとそうですね!
私は反対に、エルバ島にはまだ行ったことがありません。
キレイな島だと聞いていますので1度ぜひ行きたいです!

そしてそして、初デートの思い出の港とは…♪♪♪

ふふふ、次回は出発時にまなさんのことを
考えてしまいそうです(笑)。
私は初デートにはヴィアレッジョの海に行きましたよ(笑)。
あ、マリーナ・ディ・ピサの海にも連れて行かれたなぁ…。

やっぱりこの辺の男子(笑)は海で勝負!
なのかもしれませんねー。
Ricciaさん、

ありがとうございます、戻りましたー♪
イタリア人、子供みたいにあきちゃうんですかね?(笑)
ドイツのオクトーバーフェストでも、みんな同じ場所で
降りるというのに心配なのか、何駅も前から
「もうすぐ降ります!」とドア付近に集中したがるのは
必ずイタリア人で笑えました。

寝心地は、最高とはいえませんが(笑)固めのベッドが
好きな私は平気でしたよ。ただ飛行機でも絶対に
眠れない私はここでも一睡もできませんでしたが…。
マンマ♪さん、

ただいま!ありがとうございます。
フェリー、気に入っていただけましたか?
サルデニァにはリヴォルノと、あとジェノヴァからも
入ることができると思います。

人間だけの便があるかはわからないのですが、
私たちが乗ったこのフェリーにも車無しの人たちが
たくさん乗っていましたよ。

電車ごと入るフェリーはテレビで見たことがありますが
すごいですよねー!こういうことにもお国柄がでますね。
ちゃおですMezzanaさん♪

リヴォルノの港、私はしょっちゅう行っている(←遊びに)のですが、この超大型フェリーにはまだ乗ったことがありません。
(義親がエルバ島在住なので、piombinoから出るエルバ行きの小さいフェリーはよく利用するのですが・・・。)

素敵ですね~
リヴォルノ港にはcrocieraの豪華客船もよく停泊しますよね?あれ見るたびにため息~です。
この日曜日にもリヴォルノ港行ってきましたよ。

そういえば、ダーリンとの初デートもリヴォルノ港でした・・・(*^^*)
お帰りなさい!!!
天気にも恵まれた楽しいたびだったようでなによりです!

イタリア人って、船に限らず下車する時の準備やたら早くないですか?電車とかでも、まだ駅すら見えてないようなときから降りる準備始めるし(笑)

キャビンのベッドの寝心地はどうでしたか?
おかえりなさ~い♪

私決めました!!今度はイタリアでフェリー体験。
サルデーニャにリヴォルノからフェリーで入れるのですね。
人間だけの船ってありますか?ぜひぜひやってみたいです。

デンマークとスウェーデンに行った時電車ごとは入れちゃう
フェリーに乗りました。でも、イタリア程中で楽しむって感じではなかったし、何しろやっぱ、イタリアですね。
おしゃれだわ!!
甲斐小泉さん、

日本のフェリーには乗ったことがないんです!
どんな感じか、1度のってみたいですねー♪

雑魚寝もいましたよ!
でももちろんドイツ人たちでしたが…(笑)。
寝袋と、ポットに入ったお茶を用意していて
さすがだなぁ、と思いました。あと「お犬様」も
一緒でしたね。私の親くらいの年齢でも仲良く
雑魚寝をしていらして、無駄なことにはお金を
使わない姿勢は相変わらずすごいなぁ、と思いました。

ところで旧ソ連のフェリーにも船乗経験がおありなんですか??
すごいですねー!
ドシンと接岸、とはちょっと怖い気も… 汗。
ちゃたろうさん、

ありがとうございます、戻りました!
時間に正確なイタリア人、実は私もちゃたろうさんと
同じように考えていたんです。船から下りるのに
一体何時間かかってしまうんだろう…って。

でも実際は違いましたね!
我先に、という感じで時間ぴったりに猛ダッシュでした(笑)。
船内で過ごすのに飽きてしまったことと、「俺は
こんなの慣れてるもんね、」といい格好をしたい気持ちが
そうさせたんだろうと思います(笑)。

長い旅行記ですが、お付き合いいただけると嬉しいです♪
菜雪さん、

言われてみればそうですね、
本当にビルみたいな船でしたねー!(笑)

船内で写真なんか撮ってるの私だけで、
結構好奇の目で見られました…。
でもチェックインのお姉さん、しっかり
カメラ目線なんですよねー(笑)。

それから時間に正確なイタリア人、
きっと船内に閉じ込められるのに
飽きちゃっただけだと思いますー(笑)。
wacameさん、

ただいまー♪ ありがとうございます!
このフェリー、さすがに本島と島を往復する人たちが
かなり多いみたいで、それにあわせて本当に大きいんですよね。

私もかなり歩き回って散策しちゃいました(笑)。
本当はもっと色々あったんですけどね、
赤ちゃんが一緒だったので勝手な行動ができなかったんです…。
ばったりと知り合いに会ったりもしたんですよー。

それから時間に正確なイタリア人、私も爆笑しました。
たぶん、ある場所から動けないことに飽きちゃったんだと…(笑)。
それにしても本当にすばやくて、扉が開いた時には
F1かのようにビューッとみんな飛び出していきました。
本当におもしろいです、イタリア人。
くみこさん、

えぇっ??同じ日ですか?
ということは、同じ時期に滞在していたということですか?

えー、お会いできなくて残念ーっ!涙。

イタリア人、乗り込むときは、間違えたフリして
一番前まで来てみたり、最後の最後に乗り込んだりして
いましたが、降りるときはやっぱり飽きちゃったんでしょうね(笑)、
我先に車に乗り込んで準備万端だったので驚きました。

くみこさんの旅行記も楽しみにしていますねー!!

Masamiさん、

ただいまー♪
Masamiさんも、旅行の後に症状がでますか??(笑)
PCに向かう作業ってやはり現代的なことなんでしょうね。
旅行という正反対の行動を楽しんでしまうと
しばし現代社会には戻りたくなくなるのかもしれません。

それから、車からきっちり、時間通りに出発した
イタリア人たち、本当に笑えたんですよ(笑)。
私はまた、みんなダラダラするんだろうなぁ、と
たかをくくっていましたので驚きました。

きっと限られたスペースに押し込まれるのに
飽きてしまったんでしょうね(笑)。

Ravさん、

船はもう少し小さいサイズも日に何度かあるみたいです。
豪華ルーム、ぜひぜひ泊まってみたいですねー♪
次回は早朝発の船で客室の窓から景色を堪能したいです。

ところでエメラルド海岸、豪華マリーナ、ということは
たぶんポルト・ロトンドとかポルト・シェルヴォーだけ
ご覧になったのではないでしょうか?
実は他にもキレイな海岸がたくさんあるんですよー。
次回はぜひ、観光地以外のエメラルド海岸にも
寄ってみてはいかがでしょう?
日本のフェリーとは雰囲気が違いますね(という程フェリーには乗ってないんですが)。

雑魚寝はなしなんですね(笑)。

カフェテリアとか個室とか、機能的によくまとまってるなぁという感じがします。


そこでいきなりですが対比的に旧ソ連のトルクメニスタンの野性味溢れるフェリーの事を思い出してしまいました(土ぼこりの立つ河岸の何も手をいれてないに等しい船着場にドシンと接岸)。
お帰りなさい
イタリア人の素早い行動、びっくりです。
独断と偏見と先入観で言えば、イタリア人ならみんなマイペースで、誰かがが下船時刻なっても現れなかったり、クラクション鳴らしたり、みんなでジェスチャー交えて大声・・・なんて楽しい騒ぎを想像しますけれど、楽しむことに貪欲だと、こんな時はぐずぐずせずにさっさと下船して楽しむに限る・・ってことなのでしょうか?

「元気一杯」に戻られたらまた旅のお話と画像、見せていただけるのが楽しみです。
うわあービルみたいな船ですね。
中の様子がよくわかりました。
なんだか私まで乗ってる気分になれました♪
しかしひとりも遅れずってすばらしい。
気持ちの奥底がしっかりしてる気がします、
イタリアの人って。
続きも楽しみにしていますー♪
Mezzanaさん、おかえりなさーい♪
旅行記、楽しみにしてましたぁ。

すごいすごーい、このフェリーだけで十分楽しめちゃいますね。
車の収容数とか、キャビンの廊下やレストランはホテルみたいだし・・・どれもが想像を超えた規模に驚いています!(私だけっ?)
イタリア人、こういうときは行動が異常に早いですって、笑っちゃいましたぁ♪

続きも楽しみにしていますね。ゆっくりでいいですよ~。

Mezzanaさんとはどうも入れ違いだったみたい!!
私たち、帰りは同じ船体でしたよ~!(時間は夕方だから違うと思うけど)。いや、イタリア人、行動早いですよね、やはり誰よりも早く降りたいという気がそうさせるのか(笑)、でも、誘導員の指示を聞かずに勝手に動く人がいて、でも慣れてるのか怒らずに“誘導まで待ってくださいね、ちゃんと出れますから、はい、こっち”ともくもくと誘導するお兄ちゃんを尊敬の眼差しで見ていました。
更新楽しみにしてます・・・って、私の旅行記はまだ一向に始まってないのですが(爆)
Mezzanaさん、

お帰りなさい~!
私も旅の後、しばらくはブログを書く気が起こらないです(笑)
PCやブログから離れてみて、再確認できること沢山ありますしね!

リヴォルノのフェリー乗り場がこんなに近いと、
車でSardegnaに行かれていいですね~。羨ましい!

朝、みんなが時間通りに車に乗り込んだのですね!
本当にイタリア人、場合によっては
時間にとっても几帳面になりますよね。
思わず笑ってしまいました!

続き、楽しみにしていますね♪
わ~懐かしい!私もリヴォルノから9月に車でフェリーに乗り込んだんですよ。でも船はここまで大きくなかったような気がしますけど… 行きはお部屋が豪華ルーム以外満室で、寝る場所を探すのに船内を走り回った覚えがあります。(笑)
そういやサルデーニャのあの年は9月中旬でも真夏の暑さで、8月だったらどんな猛暑だったんだろうって思いました。
私がいったのは東海岸の観光客があまりいない小さな町でしたが、本当にあんなに美しくて、人のいない海を見たのは初めてってほどきれいでした。帰る前に行ったエメラルド海岸が、かすんで見える程。あのエリアは洗練されてて、豪華マリーナもあって、サルデーニャのワイルドさがないですね。でも一度は数日間滞在してみたいものです。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------



template design by takamu
Copyright © 2006 mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。