海外 プライオリティパス 楽天 イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.08 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 2017.10











春のイタリア



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語



イタリアのホテル探し



pisa

roma

firenze







海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 

 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
イタリアの美容院
ピサの美容院、「これ!」という場所を見つけました♪









ポーランド生まれの可愛いホーロー製品 emalia








海外の美容院探しに苦労している人の話を聞くことは、
結構多いのではないか、と思います。


サービス天国、しかもネットで評判や、その店の傾向も
簡単に調べられる日本でさえ、お気に入りの場所を見つけるのは
簡単ではないのですから、好みも流行も違う海外で
満足できる美容院を見つけるのはやはり難しいといえるでしょう。


でも、ドイツならまだしも(笑)、ここはです。


ファッションのセンスは世界のトップを行く国なんです。
おまけに要領の良さといえば、良い意味でも悪い意味でも
これまたトップレベルのイタリア人が、器用でないわけがありませんよね。
ちょっとしたコツを掴めば、結構簡単に
良い美容院は見つかるんです。


私もフィレンツェにお気に入りの美容師さんがいて、
結婚前はそこに通っていました。ドイツに住んでいましたが
イタリアには毎月来ていたので、そのたびにそこに行って
髪を整えてもらい、ドイツの香りをきちんと落として(笑)
イタリアの町へ繰り出していっていたわけですね。


でもピサからフィレンツェは電車で一時間。
それも日本のように2、3分に1度ずつ出ているわけじゃありませんから、
次第に面倒になってピサで美容院を探すことにした結果…、


じゃじゃん、見つけました、素晴らしい美容師を!!
はっきり言って、人生の中で一番気に入りましたね。
3月に日本で切ったときよりもはるかにハッピーな気分♪に
させてくれたこのお兄さん、これから通わせてもらうことに決定です!


settembre 011


私が美容院を探すときの目安は、美容師のセンスがいいかどうか。
だってその人のセンスが悪かったら、切るセンスも無いはずですよね。


大抵は真っ白とか真っ黒とか、特に大手有名チェーン店なんかの
場合は決められた格好をしていることも多いですが、靴とかベルトとか時計とか、
センスの良い人ってやっぱりどこか違うんですよね。
私は「ここ、いいかな?」と思う場所が見つかったら、何度か前を通って
こっそり中を覗いて切っている人をチェックします。で、
予約は必ず入店してする。これでお店の雰囲気と接客態度を
実際に調べます。電話だとここまでわからないですものね。


この店も、何度素通りしたでしょうか(笑)。
ピサのはずれにあるので車で行って、駐車場に停め、
徒歩でさりげなく通りながらチェックしました。 ←単なる暇人


内装も可愛いんですよ♪



settembre 001



    settembre 005



settembre 010


椅子とか、シャンプー台のシンクとか、
めちゃくちゃツボにはまりました。


またこのレンガの壁は、戦前に建てられた建物の、
壁をはがしてオリジナルを見せているものだそうです。
このあたりは古い家がまだまだ多いので、
こうした味のあるインテリアとして使う店が多いんです。


そして、シャンプー台前と、待っている間に座るソファの前には
こんなテレビが置かれていて、イタリア版MTVのような番組が
流されています。シャンプー台に座ってから少し待つような場合でも
これなら退屈しませんよね。 なんか可愛いし♪
日本なら当たり前のこういうことも、イタリアでは感動してしまいます。


settembre 003


カットはなんと、パーマは一切かかっていないのにふんわりと
エアリーなしあがりになってびっくりしました。


内側の髪を一束取り、そこに細いクシの柄を 「波縫い」するように
ウネウネと通していき、クシの柄にかかった髪だけを
ナイフでそいでいっていました。多くの国で数多くの美容院を
体験している私ですが、この切り方は初めて見ました。
で、これでエアリーカットと同じような仕上がりになったんですよー。


新しい美容院を探すたびに何度も泣かされましたが、その結果
習得したのは、希望の髪形の写真を見せて、
自分の希望をしっかりと伝えること です。


私も昔は、雑誌の切り抜きなんかを持っていくのは恥ずかしい、と
思っていたのですが、やっぱりそれが一番わかりやすいんですよね。
昨日は日本の雑誌の切抜きと、ネットで探しあてた髪型を印刷した
ものを10枚くらい(笑)見せ、希望を伝えました。


その結果お兄さん、「わかった。あとは俺に任せて」と頼もしいお言葉。
これが出ると100%成功したも同然なので、切る前からもう
仕上がりが楽しみでしょうがなかったです。


見せてもロクに見ない美容師も多いですし、見せても良くわからない人も
いるんですよね。そういう人はセンスがない、腕がないということで
こちらの選択ミスとして急遽作戦変更、「そろえるだけ」にしてもらいます。


しかし、センスある美容師は、こちらの希望を即座に理解し、しかも
そこから私の頭の形や背丈、顔の輪郭などを考慮して、私にあった
髪型にアレンジすることが可能であり、その結果、かならずしも
写真と同じではないけれども友人たちに絶賛される髪型になるんですよね。


基本的にイタリアでは、男性美容師の方が上手くいくことが多いです。
どうしてかというと、女性で店員とか美容師という職についた人は
自分に自信がある人が多く、女性の客に大して無意識にジェラシーを
感じるせいか意地悪な対応をされることが少なくありません。


反対に男性には「女性をキレイにしてあげたい」という人が多いのと、
職人気質な人が多いので、注文をつければつけるほど
「やったるか!」と燃える人が多いから、と勝手に分析しています。


なのでこれまでイタリアの美容師に不満を持っていた方は、


お洒落な男性美容師に
自分の意思を思いっきり告げる



ことを心がければ以後は上手くいくと思いますよ。


それから絶対忘れてはいけないのが、「自分もお洒落をしていく」
ということです。「この人はせっかくきれいに切っても後々それを
キープできないだろうな…」、と思われたらどうでもいい仕事しか
してもらえないのではないでしょうか。


思いっきりお洒落をして、きれいにお化粧をして、
希望通りの髪形になったら一日すごくハッピーですよね♪


ここはスタッフもお客さんも、皆笑顔ですごく居心地が良かったです。
ブローしてくれるお姉さんも、注文をつける私に「そうね、その方が
いいわね!」と笑顔で答えてくれる素晴らしさ。


おまけになんと、カットとカラーで 49ユーロ!
格安記録更新です(笑)。80ユーロ払って
気に入らなかった前回の美容院は… 涙。


お近くの方はぜひぜひ足を運んでみてくださいね♪


settembre 009






settembre 007





settembre 012

Andrea Lucchesi
Via XX Settembre, 6 Bientina (Pi)
Tel:0587 757096


関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア生活 ]
09/12 16:18 | ピサ | コメント:14
たばっておいでさん、

試験、合格されたんですね!
事前の勉強と当日のプレッシャーは大変なものだと思います。
おめでとうございます、おつかれさまでした!!

そうですね、初めての店は不安ですよね。
6店目でも、安心できる店が見つかったのは幸運でしたね。
私もやっとお気に入りの店が出来て本当に嬉しいです。
明日も予約を入れました。
2009.03.08。
こんばんは。
                  私ごとですが、
半年前に受験した「2級管工事施工管理技術試験」の合格通知を知らせる、葉書が昨日届きました。報告します。
応援、有難う御座いました。

私は理容を利用していますが、引越した時には店の技量が分からず、毎月順番に回って行ったのを覚えています。
6店目でようやく、「これなら許せる(勝手だな)」見つけて安心したものでした。
心中、分かるように思います。
甲斐小泉さん、

いえいえ、何をおっしゃいますか!
私の中の甲斐小泉さんのイメージは
素敵なマダムなんですよー♪

イタリア人、どちらが本当の姿か??と考えると、
一人一人が個人で仕事をするときは職人気質でしっかりと
まじめに働く人が多い気がします。ただ、総じて
官僚や警察など公的なトップに嫌気が差していて、
団体として頑張っても報われない場所がイタリアには
多すぎるため、個人で努力してもそれが反映されないと
わかっているところでは最初から手を抜く、という
傾向にあるように思います。

なのでどちらもイタリア人の本当の姿、と言えるでしょうね(笑)。
マンマ♪さん、

ドイツでは私もかなり苦労しました(笑)。
五つ星ホテルに入っている美容院を渡り歩きましたが
結局イギリス人が多いヴィダルサスーンで落ち着きました。
カットの技術が独特なので好きではなかったのですが(笑)、
他よりいいかな…、という妥協策でしたので
結局イタリアで切るようになりましたが。

パリの件、申し訳ありませんが笑ってしまいました。
日本の男性のイメージが七三なのかもしれませんよね。
こちらでメイクを頼むときも、必ず「東南アジアの女優」
という感じに仕上げられてしまうので、やはり
こちらの人の思い込みってあると思うんです。
それを打破するために最近の雑誌の切抜きなどを山ほど
持って行って説明する努力が必要になるんですよね…。

ところで、20年以上もお願いしている方なら本当に
安心しておまかせできますよね!うらやましいです。
青山はビュートリアムくらいしか行ったことがないんです。
あとは広尾のHIROO WORKSとか…。

私も帰国の際に必要なことがあればぜひマンマ♪さんに
紹介していただきたいです!
Ricciaさん、

一度もいかれたことがないんですねー!
日本からイタリアに直接来ると、クエストゥーラの対応などで
「イタリアって最悪!」というイメージが出来上がってしまうのか(笑)、
美容院や医者までも「日本じゃなくちゃ!」と考えている人が
多いようで私は逆に驚いていたところです(笑)。

でも多くは言葉の問題や、いわなくてもわかってくれる日本の方式を
変えずに失敗されている方のような気がしますので、
ぜひ1度行ってみると良いのではないかな?と思います♪

だってファッションの最先端、イタリアですよー!!(笑)
耳が、いや目が痛いです。

>「この人はせっかくきれいに切っても後々それを
キープできないだろうな…」、と思われたらどうでもいい仕事しか
してもらえないのではないでしょうか。

これってドンズバリ私の事だわ~。^_^;

今回の美容院、本当に素敵ですね。

イタリアのデザインセンスのよさと、昔、テルミナ駅や
国際列車で見ただらしなさとのギャップがどうにも
腑に落ちないんですが・・どっちが本当のイタリア
なんだろう。

まぁ、日本でも場所によってかなりの
ギャップがありますが、特に地方に於いて、
どこもかしこもリトル東京になってきて
確かに清潔感がありますが、いいんだか悪いんだかと
感じることもあります。
すてきですね♪ピサに行ったら私もお願いしたいくらい☆
その時はぜひ紹介してくださいね。

ドイツに住んでいた時はあまり評判が良くなかったし、まあ、すぐ帰国するからいいやというのりで一度も行きませんでした。
夫はパリに遊びにいった時、美容院で切ってもらいました。
私はどんな風になるのかわからなかったのでお試し切りは夫のみ。仕上がりはなんと七三で古い感じ。今時笑っちゃいますよね。「良かった。私は切らなくて。」と思いました。

東京では青山の美容院に行ってます。かれこれ20年以上も。
家族、友達みんなに紹介して喜んでもらってます。
その先生が下済みの時からお世話になっていて、今では有名になってしまいましたが、昔と変わらず気さくな対応が好感が持てます。
美容院は気に入るまでが時間がかかりますね。
私、イタリアで美容院まだ行ったことがないのです。やっぱりいろんな人の話を聞くと、ためらってしまって。ロングのストレート、今のところカラーリングも必要ないので、里帰りのたびに美容院に行ってカットしています。
でも、こんなに素敵で腕のいい美容師さんだったら行ってみようかなって気になりますよね。ピサがもっと近ければいいのに...
菜雪さん、

女性の美容師さんの話、わかってもらえて嬉しいです!

3月の帰国で神楽坂の美容院に行ったんですね。で、
最初のアンケートの住所とかを無記入で出したら理由を
聞かれたので海外在住だといったんです。
そしたら!ご自分がロンドンで研修していらした時のことを
すごーく詳しく説明し始めて…(笑)。私の希望もそこそこに
彼女はずーーーっとロンドンの話をしていました(笑)。
もしかして敵対心??と思いましたがびっくりしました。

私は日本では男性に切ってもらったことはないんです。
菜雪さんはここ数年は男性にお願いしてるんですねー。
今度は私も、日本でも男性希望してみようかと思っています。

独身の頃は、帰国のたびに芸能人が行く店をネットで探して
ネイルやマッサージもお願いして一日中美容院で過ごしたり
してたんですが(笑)…、今はやっぱり遠慮しちゃいます(笑)。
wacameさん、

10年以上も同じ方にお願いされてるんですねー♪
それだと髪質も知り尽くしてくださっているでしょうし、
変えたくないお気持ち、わかりますよ!

それから香港のお話、ごめんなさい、爆笑しちゃいました。
中国人と日本人の違いって髪型ですよねー。
なので思いっきり想像できて… グフフ。
フランスとかならわかるんですが、香港で挑戦ってのは
ご主人さますっごいチャレンジャーでしたね(笑)。

キッチン、なんだかwacameさんの(私の中の勝手な)イメージ
にぴったりだったからすごく嬉しかったんですよー♪
他のお部屋も楽しみにしています!
あー女性の美容師さん、そうですね、激しく納得。
私も男性の美容師さんのほうが、どこか女性らしさが
出る気がして、ここ5,6年は男性です。
すばらしい美容師さんみつかってよかったですね。
店内もすてきだし、笑顔もすばらしい!
よいお店はリサーチなしには見つからないですよね、
イタリアでも、日本でも。
私のカットは、10年以、同じ人で気心も知れた友達感覚。もう、知らないお店に入る勇気が無いです・・・。

イタリアの美容師さん、みんなステキに仕上げてくれそう。(イメージ)
良い方に出会えてよかったですね。店内もセンスもおしゃれぇ♪
もちろん、Mezzanaさんの努力がすばらしい!
なるほど、おしゃれして行くのは大事かも。さえない格好であれこれ注文付けるより、断然、頑張ってくれそう☆

昔、香港旅行した時に、夫がなぜか散髪に。言葉も通じず、七三分けの刈り上げになっちゃって。中国人みたいな?仕上がりでした。笑
海外で美容院って、勇気がいるけど、楽しい経験ですよね。

>あぁ、お恥ずかしいぃ。キッチン以外の場所も、ご披露できるように、掃除しなくっちゃー。笑
なつこさん、

ザンギリ頭…!!
でもなつこさん、手先が器用そうだという印象を
勝手に持っていますので(笑)、ご自分で手を加えられて
ムースで変化をつけてみるとかいかがですか?
あ、でも小さなお子さんがいらっしゃるとムースの類は
つけられないのかもしれませんね…。

私もドイツでは結構苦労しました。
最後は五つ星ホテル内の美容院とか、ヴィダルサスーンの
イギリス人トップスタイリストを指名したりして
一回で200ユーロくらい使ってました(笑)。
もうミュンヘンの美容院はほとんど試したんじゃないかと
思いますが…、それでも気に入ったところはついに
見つかりませんでしたね。結果、イタリアで切ることにしたんですが。

「大惨事」、お気持ちお察しします…。
早く伸びるといいですねー。
その通りですね。美容師さん自身のセンスを見て決める。言われてみれば当然ですが、見逃しがちなポイント。
先月ドイツで初散髪に行きましたが、大惨敗でした。
思い出してみれば、美容師さんは店のTシャツこそ着てましたが、どうでもいい髪型にズボンや小物も気遣いの感じられない女性でした。説明のしかたも足りなかったのかもしれませんが、それにしてもザンギリ頭としか言えない髪型に。。。
嘆いても仕方ないので纏め髪にして伸びるのを気長に待ってますが。
トルコ留学中にお世話になっていた美容師さんはすごく良かったので海外美容室に抵抗がなかったのですが、ドイツでは大惨事になってしまいました。トホホ。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------
template design by takamu
Copyright © 2006 Mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。