海外 プライオリティパス 楽天 イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.09 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 > 2017.11











春のイタリア



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語



イタリアのホテル探し



pisa

roma

firenze







海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 

 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
イタリア人はお米が好き?
イタリア人は、アジア人に次いでお米を良く食べる人たちかもしれません。






   
イタリア発!
EVA素材使用、LOFU レインブーツ






日本のイタリアンレストランでも、
リゾットは定番メニューのひとつですよね。


我が家のイタリア人も、お米が大好き。
特に夏場、あまりの暑さに食欲が無い時も、
冷たく冷やしたinsalata di riso(お米のサラダ)なら
パクパクとおかわりしながら食べてくれます。


giugno 003


riso freddo(冷たいご飯)とも呼ばれるこのメニュー、
いわゆるリゾット用のお米にいろいろなものを混ぜるだけ。
この日はツナにトマト、黒オリーブにカッペリ、それと
余っていたソーセージ(笑)も切って混ぜてみました。
これにゆでたまごを細かく切ったものもトッピング。


最後に塩をパラパラとまぶし、極上のオリーブオイルを垂らして いただきます♪
このオイルの風味と香りがやっぱり大事なんですよねー。 
良いオリーブオイルって、油ではなくまさに 「オリーブの果汁」 。
香りを楽しみ、口の中に広がる風味をさらに楽しむ…。


日本で「オリーブオイルは火にかけてはいけない」と言われるのは
この香りと風味が損なわれてしまうからですね。


どれもこれもゼッタイに火を通してはいけないわけではないんですよ。
でもこうして「ダイレクトに食材にかけていただく」オリーブオイルは
お値段もそれなりにしますから、火にかけるのはもったいない(笑)。
にんにくやハーブの香りでオイルの香りが消えてしまいますしね。


イタリアでは色々な種類のオリーブオイルが販売されていて、
料理に使う時は、質が少し劣ると言うか、普通の油に近いと言うか、
香りも風味も それほどしっかりしていないものを使用することが
多いのではないか、と思います。
(パッと見た感じでは、日本で普通に売られているのはこのタイプかも)


そして料理が出来上がった後、上質の方をかけていただくわけです♪


私の周りのイタリアの家庭では両方用意して、
それぞれを使い分けている場合が多いかもしれません。
うちもそうです。


でもそんなことしているのはもしかしたら私だけで、
こちらに来てくださるお料理上手な方たちは
高品質をお料理にも使ってたりして…(笑)。


giugno 004


ソーセージを入れるイタリア人はそれほど多くないと思います(笑)、
プロシュットとかパンチェッタが多いかな?
この日は期限切れ間近のソーセージがあったもので。


こんな感じ ↓ の「混ぜるだけ」の瓶詰めも人気があるようです。
カルチョーフィやにんじん、オリーブなどが酢漬けだったりオリーブオイル漬けだったり、
暑い夏でもさっぱりと食べられて結構重宝するんですよ。
体調が悪かったり時間が無い時はこれを混ぜるだけ、ということもあります(恥)。


義父が作った味がしっかりしたトマトと、
上記のオリーブオイルさえあればなんとかなるもんです(笑)。


foto_condimento_insalate_0001.jpg


それからそれから、恥ついでに告白しますと、
リゾットって結構面倒なんですよ… 涙。 (注@たぶん私だけ)
なので私は日本から大事に抱えて持ってきた
炊飯器で炊くわけです。 (注@きっと私だけ)


でも、普通のリゾット用のお米をこの炊飯器で炊くと、
芯が残っているのにべチャっとしてしまうことが多いので、
私は必ずこんなお米を買うんです。


giugno 011


見えますか?

 Sempre al dente 



の文字??


この場合sempreは「いつでも」、 al denteはご存知の通り「歯ごたえのある」、
つまりこのお米を使えば、炊飯器を使おうがいつでも歯ごたえのある、
べチャべチャではない(笑)リゾットが食べられるというわけです。


特に「明日は海に行くぞ!」という時、海から帰って急いで料理なんか
したくありません。なので帰って即効食べられるよう、
前日にこのinsalata di risoを大量に作って冷蔵庫に入れておくわけですが、
そんな時にも重宝する、このありがたーいお米♪


スーパーにもこんなにたくさんあるということは、


giugno 020


私のほかにも喜んでいる人がたくさんいる、ということですよねー!
炊飯器を使って炊くイタリア人はそれほどいないでしょうが、
大量に作ってビーチに持っていったり、
次の日も食べよう、と思っている人たちは多いはず。


もちろんきちんと手をかけて作るものより味は落ちるとは思いますが、
真夏に火を使わずに作れるものが一品あるだけでずいぶん楽です♪





 パルミッジァーノの記事を読む




関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア生活 ]
06/10 22:30 | イタリア生活 「食」 | コメント:20
青淵さん、

楽しんでいただけたようで私も嬉しいです。
イタリア人、お米はかなり食べますよ。
プリモ(第一の皿)としてパスタが有名ですが、
その代わりにリゾットを食べることも多いので。

北の方では日本と気候が似ているのか、
日本米とそっくりなものも育てられているようです。

2008.11.29。
こんにちは。
リゾットの記事を拝見するまでは<米は東南アジアの生産品>と思い、イタリアで沢山消費されているとは驚きでした。
また、リゾット用のお米など、初めて聞くことばかりです。
井の中の蛙(外国未体験)の私には、小さな一つの言葉でも、日本に蔓延していない言葉であれば新鮮に感じます。
【ブログ内で外国旅行】気分になりました。
なつこさん、

はじめまして、書き込みありがとうございます。

ドイツのことを書き始めると止まりませんので(笑)
こちらでは割愛させていただきますが、お気持ち、
痛いほどよくわかります…。
なんであんなに固いんでしょうね(笑)。
ただ、外国人としてはとても住みやすい国であることは
確かですので、そのせいもあって11年いてしまったんだとおもいます。

なつこさんもイタリアお好きなんですね!
ぜひまた遊びにいらしてくださいね。

P.S.息子さん、とってもとってもかわいいですね!!!!
マンマ♪さん、

ご親切に温かいお言葉をありがとうございました。
元気だったのですが、あまりブログを書く気が起きず、
しばらく休ませていただきました。

また少しずつ書いて行きたいと思いますのでどうぞ
これからもよろしくお願いいたします。
甲斐小泉さん、

>粒粒のパスタ

下でerikoさんが書いてくださっているスペルト小麦でしょうか?
またはスープに入れて食べるような極小パスタ??

大昔は米は貴重品で薬やで少量ずつ買っていたようで、
その少量を小麦やパスタと混ぜて食べたのがリゾットの
始まりだったとどこかで読んだことがあります。

小麦の方は私はどうやらアレルギーがあるらしく、
新鮮なものは本当においしくて大好きなんですが
あまりたくさんは食べられません 涙。
この時期はレストランなんかでも冷たく冷やして
色々な食材と混ぜた小麦をたくさん食べることが出来ますよ♪
げちゅ~さん、ボンジョルノ  ( ̄∠  ̄ )ノ 

そうですね、トラットリアなんかでも、やっぱり
おいしいオリーブオイルがあると食事も期待しますよね。
単に油というだけでなく、オリーブオイルがおいしければ
食卓がさらに一層華やかになるというか。

パンを焼き、にんにくを塗りつけてオリーブオイルと塩を
かけるだけでもイタリア人はKOされてしまうほどです(笑)。

あ、袋に入ったリゾット、結構おいしいですよね。
私も以前は良く買っていましたし、お土産にしてましたよ♪
erikoさん、

やっと暑くなりましたね!
最近は、朝の涼しいうちに冷たくしても食べられるものを
大量に作って冷蔵庫に入れるようにしています(笑)。
和食とかアジアンばかりなのが笑えますが…。

ダリオさんは、こだわりがある方だからこそ、
erikoさんのようにそれさえもフォローしてくれる女性を
選ばれたんでしょうねー♪

リゾフレッドは私が大好きなので、もし夫が嫌だといったら
自分でパスタでも茹でてもらいますよー!(笑)。
かやさん、

>善玉コレステロールが最高値

すごいですねー!
うちも、火を通すのは安物ですが、それでも
他の油との違いはやっぱり感じます。風味が違いますよね。

それから質の良いオリーブオイルは本当に「味」と「香り」
がオリーブそのもの。果汁と言うしかない感じですよね。
オリーブオイルの試飲、って最初聞いた時は「???」
でしたが、今は納得できちゃいます。

ワインよりオリーブオイルの試飲、やってみたいです(笑)。
うめ吉さん、

こちらにはお料理ブログを書いていらっしゃる方が
たくさん来て下さるので、こんなものを載せて
恥ずかしいです(笑)。炊飯器で炊いて、混ぜるだけ、とは
イタリア関連記事としては失格ですね(笑)。

お米は、私はalce neroがお気に入りです。
http://www.alcenero.it/italian/an_prodotti_lista.php?&cat=29&cat2=30#rif29
BIOで、日本のお米に近いものもあり、お寿司を
作っても結構おいしくできるんですよ。

炊飯器で炊いてもアル・デンテになるものでは、
riso floraのBell'insatalaというのが結構おいしいです。

ただお米も、混ぜるだけの瓶詰めも、やはり季節モノで
冬に探すのは難しいかもしれません。ぜひ夏に!

wacameさん、

お料理上手なwacameさんはやはり
使い分けていらっしゃるようですねー♪

日本では紀伊国屋や伊勢丹なんかで見たのですが、
5000円くらいするものでも薄い緑色でした。
こちらで農家から直接買ったりするすると、すごく濃い
緑色で、しかも濃度が高いというか、
まるでずんだもちのように(笑)。ドロドロしてます。


はじめまして。検索サイトでドイツのことを調べてたらたどり着きました。現在私はドイツ在住ですが、ドイツ嫌いでイタリア好きです。
ドイツに関して書いていらっしゃることに大いに共感です。
イタリアに住んでいらっしゃるのがうらやましい!
ファッション、食、などはイタリアとドイツでは天と地ほどの差がありますよね。
Mezzanaさん、お元気でいらっしゃいますか?
長い事Blogの更新がないので、どうされたのかと思っておじゃましました。

遅いコメントになりました。

葉山の先生がお米を使う時はいつもサラダ感覚でとおっしゃいますねぇ。

で、この前、リゾットをパスタで作りましたよ。

名前を聞いたのに忘れてしまいましたが、粒粒のパスタでした。それがリゾットの起源だとおっしゃっていましたが、そういうのはお使いになりますか?
mezzanaさん、ボンジョルノ  ( ̄∠  ̄ )ノ 

mezzanaさんの手作りのおコメサラダ・・・とってもとっても美味しそーです。
ああ・・・美味しそー!!
以前、日本でイタリアンレストランを経営してる方々(日本サ○ティー二の人達)とイタリアのレストラン巡りした時に、教えてもらったのは美味しいオリーブオイルがあればOKとの事でした。いろいろと、その辺の知恵を教えてもらったんですが、料理をしない私は、、スーパーで手軽に出来るリゾットを買いました。(爆)
夏はお米のサラダに冷製パスタ、スペルト小麦のサラダとかいいですよね~~
作るのも楽だし、美味しいし♪
でも、ウチの旦那はダメなんです~~(ーー;)
お米もパスタも、本来温かいものだから、冷たいのは邪道だ!といって・・・
昔は食べてくれたんだけど、私に気を使って無理して食べてたらしく、
だから、冷たいスープもダメ!
ポテトサラダですら、食べる直前に作って、温かいのじゃないと食べないし。
あ~・・・冷たいお料理だけでサラッと済ませたいわ、たまには。
でも、北イタリアはずっと雨ばかりで、しかもまだ肌寒いし、
未だ煮込みとか食べれそうなくらい、今日も涼しいんですよ~
これにも困ったものです。



冷たいリゾットって初めて見ました!
でも美味しそうですね~!!

「いつでも歯ごたえのある」は「センプレ・アルデンテ」ですか?
覚えておこう(^∀^)

オリーブオイルは去年旅行に行ったときに、ちょっと高級なものを買いました。
新鮮なオイルだったんですけど、日本で買うものとは全然香りが違う!びっくりしました。
サラサラしていて、火を通すなんてもったいないくらい。
使い切った今でも、まだ台所にビンが飾ってありますww

今、私の台所では「オリーブオイルで炒める」が基本ですが、これは日本の古めのオイルだからいいと思っています。
おかげで善玉コレステロールが最高値。
オリーブオイルってスゴイ。。
こんにちは。
Mezzanaさんのinsalata di riso、とっても美味しそう♪
私にも作れるかなぁ~?

イタリアへ行った時スーパーでよく目にするリゾットの箱、
いつも買おうかどうしようかと迷っていましたが、
次回イタリアへ行った時は是非買って帰ります!
種類がたくさんあるようですが、もしよろしかったら
オススメを教えて下さい!
“「混ぜるだけ」の瓶詰め”も便利そうですね。
こちらも買ってみます。

以前フィレンツェへ行った時、ちょうどNuovoのオリーブオイルが
出回り始めた時期でした。
値段は高かったですがなんともいえない美味しさでした。
あれ以来、我が家もオリーブオイルを使い分けるようにしています。
でも日本で買うと高過ぎて困ります(笑)。
はーい!私もお安い大ビン入りのオリーブオイルは、加熱料理用。いただきモノの素敵なのをサラダやパンにつけるのに使っています。
日本でも、ピンからキリまであって、高いのはなかなか手がでません。

リゾットは、ふつうの日本のお米で作っちゃうのですが、やっぱりべちゃっとしちゃうんですよねー。
Mezzanaさんが使ってるようなお米は見たことないなぁ・・・。
マンマ♪さん、

そうです、この箱の中はお米だけです。
これを炊いて冷ましてから、具材を入れて冷蔵庫で冷やします。

インスタントのリゾット、私も独身の頃はよく食べていました(笑)。
クノールとかで出しているものですよね?
色々な味があって結構おいしいですよねー。
よく日本へのお土産にもしましたよ。
この柔らかくならないお米、ものぐさな私にとっては
本当に便利で重宝しています。

動画も見てくださってありがとうございました。
本当に可愛くて、思わずにっこりしちゃいますよね♪
この写真の箱の中はお米だけですよね。これにいろいろなリゾットの材料を入れるわけですか?

日本でイタリアのリゾットのインスタントを買ったことがありますが、やっぱ手作りには負けますね。でもリゾットを作るとなるとMezzanaさんがおっしゃるように面倒だし、炊き方が難しいし、食べるのはあっという間だし。便利なものがあって羨ましいです。
パルミッジャーノの記事を見ました。私もあのCM気に入って何回もREPLAYしちゃいました!!野菜がとってもキュート♪



お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------
template design by takamu
Copyright © 2006 Mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。