海外 プライオリティパス 楽天 イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.09 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 > 2017.11











春のイタリア



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語



イタリアのホテル探し



pisa

roma

firenze







海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 

 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
イタリア、ジェラテリアの掟。
庭仕事に没頭しすぎ、腰を悪くしてしまいました… 涙。







ノーマン・コペンハーゲンのゴム製ボウル。
お気に入りの食器もここで洗えば安心・安全。






花、といってももそれぞれ違うんですよね。


ペチュニアは水好き・肥料好きだけど、ゼラニウムは
乾かし気味に育てなくちゃ行けない、とか、
どうせ成長するから、と大き目の鉢に植えてしまうと
必要以上の水を与えることになり根腐れしちゃう、とか、


ネットを駆使して得た情報を、箇条書きにして貼っています。


じゃないとついつい可愛がりすぎて、水をやりすぎて
枯らしちゃったりするんですよね。


ペチュニア、心を鬼にして芽を摘んでいます。
早く満開の花が見たいけど、今はガマン、ガマン…。




さて、10日の土曜日、庭の土ならしをして芝の種をまきました。
夫の友人が機械を持ってきてくれて、1時間ほど耕しました。

(真ん中にあるのがいつも撮っているバラ。
画像左下のガレージへの道が斜めに下っているので、
そちら側からはバラに手が届かず、手入れがしにくいんです 涙。
やしの木は右の奥にあるので写っていません、残念。)

maggio 106


以前  はこんなひび割れていた地面も、


aprile 177


こんなに柔らかくなりました。


maggio 127


次の日芝の種を蒔きましたが、この暑い時期にちゃんと
芽が出るのか不安です。夫は毎日何度も何度も
水やりをしながら可愛がっています(笑)。




さて、ジェラートですが、イタリアではジェラテリアで頼む際、
まず 「コーンかカップか」 「何種類入れて欲しいのか」を
言わなければなりません。


gelato.jpg  gelato2.jpg


でもそれを知らない観光客は、待ちきれずに即効で



 「チ、チョコレートとピスタチオ!!」 


と叫んでしまうため、 5月11日のコメント欄  でも話題になったように
「ひっひっひ」、と悪の餌食となってしまうわけですね(笑)。


例えば、私も1991年7月 (よく覚えてるな(笑)。) に
友人 Samantaさん  と初めてイタリアを旅行したとき、
ローマのコロッセオそばにあるジェラート売りのお姉ちゃんに
ぼったくられそうになりました。


上記の通り、前置き無しにいきなり欲しいジェラートの味を言う私に
お姉ちゃんは1人では絶対に食べきれない、特大サイズのジェラートを
「参ったか!」 という勝ち誇った悪魔の微笑みで
差し出したんです。それはもう、片手では持てないほどの大きさでした。


「だって小さいのが欲しいなんて、言ってないわよね?」


と 「これでこの特大料金は私のモノね!」とでも言うかのように笑ってましたよ。
でもね、お姉ちゃん、私に差し出したのは間違いでしたね。


えぇ、一度受け取って安心させてから、思いっきり渡し返しました(笑)。
「特大頼んだ覚えもありませんからぁー♪」 と特上の笑顔で。
お姉ちゃん、おもわずジェラート抱えたままひっくり返ってましたけどね、
「日本人を馬鹿にするなよ!ボケッ!」と汚い英語で叫んで逃げました(笑)。


アイスが無駄になったのだけが悲しかったです。



というわけで、ジェラテリアに入ったときは、まず

「コーンかカップか」、そしてすぐに 「何種類選ぶのか」を
告げるようにしましょうね。その後、お店の人が入れ物を持って
スタンバイできてから、何が食べたいのかを伝えましょう。


ぶぅおな・ぺてぃーと♪


coppa.jpg

関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア生活 ]
05/16 18:16 | 未分類 | コメント:15
青淵さん、

日本は耕運機は使わないんですか??
早くて簡単に耕すことが出来るので
こちらでは結構使われることが多いようです。

菊、こういう飾り方もあるんですね~。
初めて見ました。ありがとうございます。
ここまで来るとアートですね。
こちらでは菊もたくさんある花のひとつですので
普通に花束に入っていたりするんですよ。
日本人からすると不思議な気持ちです。

盆栽の写真も、帰国時を思い出して夫も
喜んでいました。ありがとうございました。

samantaさん、

あの旅行は英語が話せて本当に役立ったよね。
あれで日本語しか話せなかったら一体私たちは今ここに
こうして無事にいられたかわからないよね…(笑)。
(支配人にめちゃくちゃ怒られたね)

ホテルの勧誘は覚えているけれど、マックの前って…
としばし考えて唖然…。そうだったね…。
おまけにあの時ずっと寝ていてごめんね(笑)。
ベッドの上でガイドブックを広げて観光の勉強をしている
samantaさんを横目にずっと寝てたよね、私…。

あの旅行で買った数々のバッグやコート、いまでも
残ってるものってひとつもないかも??
プラダのバッグも洗濯機で洗ってだめにしちゃったし…。

うちにsamantaさんと晴晴さんと3人でフュッセンで撮った
写真がまだあるんだけどさ、あれ見るとやっぱりあの頃に
戻りたいってちょっと思うよ。本当に楽しかったね!!!
いや~あの時の光景はまだ目の裏に焼きついているよ。
Mezzanaさんの流暢な英語返しに、ただただ驚いてしまった。
あの旅行では駅前にいたホテル勧誘の人にお世話になったり(そして怒られたり・・・)、マクドナルドの前にいた・・・ 、なんていろいろ書き出すと切がなくなるのでこの辺でやめておくけれど、本当にいろいろあって楽しい旅行だったよねえ!
またああいう旅行をドイツにいるKちゃんも一緒にやりたいものだよね!
マンマ♪さん、

フィレンツェは小さい町なのに日本人が大量に(笑)
集まりますからね、そういう話が目立つのではないかと
思います。他の場所でも観光地は大抵どこもそんなもんです。

三越のイタリアフェア、どこかのサイトかNHKのニュースか
で見かけました。ジェラートもあったんですね!
三越はイタリアにも支店があるのでイタリアブームが
始まる何年も前からイタリア製品には力を入れていましたね。

ジェラートも量は少なくても味は良かったのではないでしょうか♪

15年前にローマ三越で買ったイタリアンカラーのボールペン、
細くて格好よくて大好きだったんですが、盗まれたんですよねー 涙。
今度ローマに行ったら聞いてみたいです…。
フィレンツェのジェラート屋ってすごいんですね。初めて知りました。私も一度だけフィレンツェで食べたことがあります。
ここでもまたマンマは騙されていたかも。知らないってなんて恐ろしいんでしょうねえ~。
先月三越でイタリアフェアをやっていました。そこでジェラートも売っていましたが金額は別として、量が少ないったらありゃしませんでした。イタリアのたっぷりジェラートを食べちゃうとあんな量食べたうちに入りませ~ん。
Rcciaさん、

そうなんですよね。
水が大好きでたくさん必要な種類があると思うと、
毎日かかさずあげていると枯れてしまう種類もあって、
でもそうかといってずっとサボっているとそれはそれで
また枯れてしまうので「水やり3年」といった昔の人は
すごいなぁ、と思っていたところでした(笑)。

今は幸いネットで何でも調べられますから、今回手に入れた
種類をすべて調べて一覧表にしています。
肥料も種類によって変えなくちゃいけないし、あげる時期も
週一だったり月一だったりするので忘れないよう
カレンダーにもしっかり書き込んで(笑)。

それからタクシー、7時で深夜料金って(笑)。
Ricciaさんがしっかり反論できる方でよかったです。
そういう人が増えれば運転手も少しは警戒し始めるかも
しれませんよね。でも仰るとおり、言葉が不自由だったり
普段の様子がわからない観光客だったりすると
やっぱり反論はしにくいと思いますから、そこにつけこむ
こういう人たちは私たちが頑張って退治しておかないと!
と毎回思います。(しかも減りませんよね(笑)。)
植木のお水ってそれぞれの種類によって違うんですよね。うちの主人が、それに応じた対応をしています。私は何でもかんでも平等にあげちゃうので、我家の園芸係は主人です(笑)

ジェラート、ひどいですね。そりゃ、そんなに大きなの頼んでないから、こっちも拒否する権利ありですよね。

タクシーで、私もやられそうになりましたよ。フィレンツェに住み始めて間もない頃、家の近くで確認したメーターと実際についたときのメーターが全然違う。幸い、前日も同じ区間に乗っていて、クレームを付けると、深夜料金だとか言い出した。夕方7時だったのに。料金表を指して、深夜料金は10時からだと言ったら、騙せないのが分かったみたいで、正しい料金しか取らなかったけど。これが、普通の旅行者だったら、騙されてますよね。
甲斐小泉さん、

大阪の「まけてなんぼ」!!!
そうですよね、イタリア人を見るたびに何かを思い出して
いたのですが、そうだ、大阪のおばちゃんたちだ!と
今すっきりしました(笑)。

大阪のおばちゃんたちは、フェラガモ本店でも勝手に
素足でサンダルを試して割引お願いしてました(笑)。

ところで、イタリアのことばかり書いていますが
ミュンヘンでも結構この手のことってあったんですよね。
イタリア人は笑い話になりますが、ミュンヘンの話を
書くとFyy時代に戻ってしまいそうなので書けません(笑)。

それから、日本の観光地でもそういう話があったんですか?
だまされるのは別の場所から来る日本人なのでしょうかね?

庭は、バラがなければ本当に何もない状態だったので
おっしゃるとおり好きな人はすごく綺麗に造り上げるんだろうなぁと
思います。でも私はそこまで出来ないと思います…。
本やネットで色々な写真を見て勉強はしているのですが、
花って思うように咲いてくれるわけじゃないし、
やっぱり難しいですよね 涙。

るなさん、

いらっしゃいませ!(笑)
お仕事の方はひと段落つきましたか?

ポンテヴェッキオを渡ったところって、なんだか
すごく危険そうな香りがプンプンですよね(笑)。
あの辺りって各店に日本人の店員がいるというくらいなのに
いまだにぼったくり話、結構聞きます。怖い、怖い(笑)。

それからそのタクシーの運転手、ひどいですねー!
帰りの分も必要だ、だなんてよく言えたもんですよね。
私もローマで携帯の番号を教えろ、ってちょっと気持ち悪い
くらいしつこく言われたので、「持ってないからじゃあ
うちに寄ってよ」と警察官の知り合いの家の前で止めて
もらってお灸をすえてもらったことがあります。

なんか前回のみなさんのコメントといい、知れば知るほど
すごいですよね(笑)。もうここまでくると知恵比べ?
みたいな感じになってきますよね。ミュンヘンの靴修理の
店でレシートをくれないので請求したら、床に落ちている
ものを拾って渡してきたことがあったんですよ。

デパート内の店だったので、もう即効で携帯からその店の
カスタマーサービスに電話をして文句を言いました。
店長自ら登場して事実確認、周りの客も認めて文句を
言ったせいもあるのか、後日別の店になっていました。

日本って本当にそういう「余計な頭の使い道」を考える
必要が無くて普通に暮らせるなぁ、と思う毎日です(笑)。
お庭の画像も素敵でした・・・というのを書き忘れました。

フラットで実に咲かせがいがありそうなお庭に見えますが。

周囲が緑がいっぱいでそれも羨ましいです。(周囲が緑いっぱいだと山の家の猫の額ほどの庭をぼうぼうにしてるぢぶん(^^ゞ)
げっ、さすがに切磋琢磨の国ですね。

そういう知恵(?)はもはやマニュアル化した商売をする日本人には殆どなさそうです。

でも、少し前まではしょぼい観光地などでは似たような手は色々ありましたね(まだ残っているかも知れませんが)。

日本人はそういうのが嫌いで、結局、マニュアル通りの対応やテーマパークばかりが幅をきかす面白みのない画一的な街並みになってしまったように思います。

京都のイケズや大阪の「まけてなんぼ」等がグローバルな対応なのかも知れませんね(笑)。
こんにちは。ご無沙汰してしまいすみません。私も昔旅行できたころ、フィレンツェのポンテ・ベッキオの端をわたったジェラートやさんでやられたことがあります。さすがに最近では観光地とかぼられそうなところにははいりませんが・・・。

住んでいても、ぼられることもあるので、なかなか・・・。前にローマでタクシーにのって友人のホテルまでいったとき(郊外のホテルだったので)初めにいくらってきいたら20ユーロっていわれたのについた途端倍のメーターにされて、僕の帰り分も必要だっていわれたことがあります。ホテルのフロントにどなりこみにいきたかったのですが、また大きなホテルで、しかも人通りもなく、こわかったのでしぶしぶ払いましたが、本当にいやな思い出です。でもバスのチケット売り場駅のチケット売り場でさえ、おつりをわざと少なくわたしたり、使用済みの切符わたしたりする所もあるので、本当油断ならないです。
wacameさん、

ははは、ありがとうございます♪
喜んでいただけて私も嬉しいです。

ジェラートを買う日本人をだます店が多いと
フィレンツェでガイドをしている友人が言っていたので、
夏を前に書いてみようと思ったんですよね。

ところでツアーにジェラートチケット付きだなんて
おもしろいですね!これだと問題も起こらないでしょうし
店側も指差し確認の日本人に対して心の準備が
できているでしょうし(笑)、とてもいいですね。
さすが日本。

画像、私も昨日は開きませんでした。
wacameさんは、ウィルスに対応するソフト、何か
使われていますか?

それが強すぎると画像がなかなか開かなかったり、
管理画面やログイン画面が開きづらくなったりすることが
あるので、一度見直してみるのも良いかもしれませんね。
私もfc2ブログ管理画面が開きづらかったのですが、
アンチウィルスの度合いを弱めることで快調になりました。
よろしければ試してみてはいかがでしょうか。

またお待ちしています♪
あーん、残念。今日は写真が見れません。
でも、ジェラートのお話がとってもおもしろかったので、コメント残していきますね。
ジェラート買うのも大変なんですね。以前、ローマに行った時は、ツアーにジェラートチケットが付いていたので、日本人が集まるお店に。何の心配も無く、指差し注文で、おいしくいただきました。個人で行く時には、気をつけなくっちゃ!
当分予定は無いのですが、イタリア旅行の際は、Mezzanaさんにいろいろ教わりたいと思います♪
後でまた、お花のぞきにきますね。。。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------
template design by takamu
Copyright © 2006 Mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。