イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.03 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 2017.05











春のトスカーナ



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語




海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 
 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
イタリアも、京都議定書の署名国です
今日、comune(市役所)の人が
こんなものを持ってきました。




   

フロッシュ洗剤は、排水されてから19日以内に、
有効成分のうち98%が生分解し、自然に帰ります。
楽天ショップで【フロッシュ】を探す








これがその写真。
maggio 001



なんだと思いますか?


中を開けると、こんなものが。



maggio 002


省エネ電球6つと、節水栓2セット。
もちろん無料です。


何をおいても「美」を追求するイタリアでは、
省エネ電球はあまり一般家庭には浸透していないようで、
無料で配ることによりその使い心地と節約に
目覚めてもらうのがねらいなよう。


ただでもらえれば「試してみようかな?」と
思う人は多いはずですものね。


イタリアも京都議定書の署名国。
幸か不幸かテクノロジーの発達した国ではありませんので
二酸化炭素排出量は世界で第10位。
(上位13ヶ国の排出量割合をご覧になりたい方は ここをクリック


でも少しでも排出量を減らそうと、新しい取り組みを始めたようです。
夫の実家や同僚の家にも届いているということなので、
恐らくピサ県にある家庭すべてに届けられているのではないでしょうか。


こういうことに税金を使うのは大賛成。
うちは昔から省エネ電球ばかり使っているので、
もちろん嬉しく受け取りました。


また、以前も書きましたがピサは海のそばで
特に夏は比較的暑い地域です。
そのせいか町中にはソーラーパワーを良く見かけます。
照明をはじめ、信号機、駐車メーターなども
夏は太陽の熱を使って動いているものが多いんですよ。


あまりにも暑くて体調を崩すほどのイタリアの夏ですが、
その暑さも省エネに役立っていると思うと
少しは気が楽になりますね(笑)。


家庭から排出される二酸化炭素のうち、照明や家電製品、
自家用車が全体の60%以上を占めます
すべての家の照明を省エネタイプにするだけでも
かなり違ってきますよね。


maggio 003


勉強机など目の健康に関わるところまで変えなくても、
各家庭でトイレやお風呂の電球を変えていくだけでも
何かが変わると思います。電気代の節約になりますしね♪




楽天ショップで省エネ電球をさがす



また、「環境家計簿」というものをご存知でしょうか?
日常生活で、自分たちが地球温暖化の原因となる温室効果ガス
(二酸化炭素)をどのくらい排出しているか確認するためのものです。


電気、ガス、ガソリンなどの使用量に、二酸化炭素の排出係数を掛けて、
自分の家の温室効果ガスの排出量を計算できます。
実際の排出量が具体的に数字となって表れるので、
日常生活と地球温暖化の関係がわかりやすくなります。


例えばこちら、ネット上でお試し計算ができるサイトです。
http://www.shiftra.jp/casa/system/


こちらは千葉県成田市のサイトですが、ここから環境家計簿の
excel版とPDF版がダウンロードできるようになっています。
http://www.city.narita.chiba.jp/sosiki/kankei/kakeibo/kakeibo.html


そしてこちらはお子さん向け。
http://eml.edb.miyakyo-u.ac.jp/JOHO/kakeibo/kids/index.htm


他にも検索してみると色々見つかると思います。
楽しみながら節約でき、そしてさらに環境にも良い何か、
できることから、楽しみながら、
自分も何かの役に立てている、と感じられると
嬉しいですよね!



 【イタリアのエコバッグ】の記事を読む
関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア生活 ]
05/05 15:01 | 未分類 | コメント:11
青淵さん、

やはり新しいものの方が、その辺のことまで
しっかり考えられて作られているんでしょうね。

コタツや電気毛布は空気も乾燥しますよね。
なので使わないのは良い選択だと思います。
身体も甘やかしすぎると怠けがちになるでしょうから、
寒い時は寒いなりに過ごした方が健康には良いそうですね。

なるほど、看護師さんの方法なら間違いなさそうですね。
2008.11.6。
こんばんは。
我が家は昨年エアコンが壊れ新調しました。
すると熱効率が良くて電気消費量が半分になりました。
また、我が家は冬でも炬燵や電気毛布などは使用していません。冬は雪が降る時も有りますが、マイナス5度程度です。
熱を逃がさない、自分の体温で温まる布団と毛布になるように工夫しています。無論、普通の布団、毛布です。
例えば布団の上に毛布をかけます。この方法は病院の看護師が行っている方法を真似てみました。
ポプラさん、

ドイツはもう、すごいですよ、ゴミの仕分け(笑)。
紙だけでも20種類以上に分けるんです。
例えばガムの包み紙のような銀色と白が混ざっているものは
他の紙と明確に分けなくちゃなりませんし、広告のような
印刷済みのものも「紙」ではないんですよね。
プラスチックも何種類もに分けられるので毎回リストを
見ながら分けるようにしていました。

それから電球、涙型とは素敵ですね!
さすがフランス、センスが違います♪
イタリアにはまん丸のタイプがいろいろな大きさで
出ているので、うちではそれを使っているんですよ。
ワット数が少なくても大き目のまんまるの電球があるので
それを使ってインテリアのポイントにしています。

涙型、イタリアにもあるかどうか探して見ます♪
こんにちは!
フランスも京都議定書の署名国で、最近ちょっとだけエコ意識も高まってきたようですが、ゴミの分別などは隣国ドイツなどに比べると、まだ幼稚園レベルです^^;

省エネタイプの電球の配布、太っ腹ですね~。
うちではこのタイプの電球を使っていますが、こちらでは内装に合うようにと涙形のエコ電球もあります。それでもエコ電球を使わない人たちは、あの普通の電球独特の黄色いライトで間接照明というのが好きだというのもあるのかもしれませんね。
Ricciaさん、

ゴミ袋が支給されるんですか?おもしろいですね。
そして誰かがそれを持っていってしまう、というのは
いかにもイタリア的で笑えました(笑)。

ただこの電球はやはりコストがかかるせいか、
役所の人が車で一軒一軒周り、バーコードで管理された
書類を提示し、受け取った人の名前とサインを求めて
いましたよ。なので盗むのは難しそうです(笑)。

援助金打ち切り、というのは私も考えました。
トップが替わると法律もコロコロ変わりますものね。
私も「何が出来るかな?」と考えながら行動するのが
なんだか楽しくなってきました。冬も「寒い!」と
思っても暖房の温度を上げる前に一枚着てみるなど
ささやかな省エネ(笑)を実行してみました。
夏は何が出来るかな?ちょっと考えてみたいと思います。
うめ吉さん、

この記事を書きながら、子供の頃の年末の大掃除を
思い出していました。家中の電球を点検しながら、
切れているものがあると省エネタイプの電球を
家族みんなで買いに行ったんですよね。

記憶がある限り、うちでは省エネ電球を使っていたので
日本にはかなり昔から存在することになりますよね。
やっぱり日本はすごいなぁ、と改めて思いましたよ(笑)。

ただ、役所が無料でこういうものを配るという案が
可決され実行される、というのはいいことですよね。
日本だとどのメーカーのものを配るか、ということを
決めるだけでもものすごい時間と裏工作がありそうです…。

ドイツではなるべくワット数の少ない電球を使い、
暗い分はキャンドルで補ったりしていますね。
そういうゆったりとした時間が流れるのを可能にするのが
ヨーロッパの良いところかもしれませんね。
ピサ県、いいことしますね。こうやって各家庭に無料で配布すれば、使ってみよう=省エネ貢献になりますよね。残念ながらうちのほうではないですね。あ、アパートのほかの住人がうちの分を取っていなければの話ですが(笑)。ゴミ袋も市から一応配給されるんだけど、日中誰もいない我家の分も、誰かが持っていったりしちゃうんですよね(涙)

あと、ソーラーパワーも、一応政府から援助金が出るようになっていますが、それでも元が取れるまで20年くらいかかっちゃうんですよね。そして、イタリアのこと、その援助金も突如打ち切り何てこともありえるし...
大きな省エネ貢献はできないけど、まずは出来ることからコツコツとやっていきまーす!
省エネ電球と節水栓が無料で配布されるとは、イタリアはなんて素晴らしい国
なんでしょう!
日本の企業は積極的にCO2を減らす努力をしている様ですが、
家庭単位の地球温暖化対策はまだまだだと思うので、日本でも無料で配布してくれれば良いのに(笑)。

そういえば、フィレンツェへ行った時、街の中を走っているバスは電気自動車でした。伝統を大切にするイタリアは環境にも配慮する国なんだと、とても感心しました。

うぁ~、何かとってもイタリアへ行きたくなってきました(笑)。
ihokoさん、

夫も「前にももらった」と言っていたのですが、
3年も前の話だったんですね!こういう試みは個人的に
大好きなので(笑)、今日ブログに載せてみました。

それからイタリアの住居、古いものは窓や戸の立て付けが
悪かったりしていくら暖めても寒かったりしますよね。
その分暖房を強くしたりするので、あれは本当に無駄だなあ
といつも思います。

ただ、年配の方などはそういう生活に慣れていますし、
家全体が寒くても暖炉さえあれば満足、みたいなところも
ありますからリフォームを勧めるのも難しいみたいです。

うちは家自体が4年前に建ったものなので、検討はしたの
ですが、前住人が使っていたものをそのまま残しています。
狭い家なのですぐ暖まることもあり、あまり暖房は
重要ではないんですよね(笑)。

ソーラーシステム芋暑い地域は1年のうちの10ヶ月は
それだけで済むような感じになるみたいですね。
義父が非常に興味を持っていて、情報を集めているようで、今回ihokoさんが教えてくださったお話も詳しく調べて
いるようです。寒い土地では無理でも、暑くてたまらない
このイタリアでソーラーシステムが普及するのは
とてもよいことですよね!
あっ・・ごめんなさい。一行抜けてた。
MEZZANA邸も暖房器具などを昔のものから最新のものに変えた場合は(新しく入られた時に変えていたとすれば、この制度の執行期間が今年一杯に延長されたので、その折の請求書・領収書があれば後からでも大丈夫だったんじゃないかな?と思います)エネルギー節約の手助けになる。とされ、30%くらいの金額が税金免除の形で帰ってくるようですよ
私も、前の街に住んでいた3年ほど前に同じキットを貰いました。フィレンツェ・フィレツェ近郊の町々は、比較的早く行き渡ったようですね。ご存知かとは思いますが、トスカーナはエコとBIO建築にものすごく力を入れていて、他の州に先駆けて色々な試みをしていますね。かなりの予算を取っているらしく、大掛かりな設備にも着手しているようですが、一般向けには、エコを組み込んだリフォームをした場合は
かなりの税金援助になります。(60・70年代初めに建てた家やしたリフォームは、建築法がきちんと定まる前のドサクサで、防湿・防暖・防音などかなりいい加減な物が多いようですので、自治体の考え方としては、現代の設備で電気の配線や壁・・その他諸々リフォームをしてくれた方がエネルギーの節約になるようです)、またソーラーパネルは、最初は自分で購入しますが、税金免除という形で、お金が返ってくるようです。その上、自分の家だけで使いきれず余った電力は、州が買い上げてくれる保証がついているようです。家は、これらの州援助の制度は全部取り入れるつもりでいるんですよ。(せっかくの良い機会ですから・・)
そうそう・・、MEZZANA邸も暖房器具などを昔のものから最新のものに変えた場合は、エネルギー節約の手助けになる。とされ、30%くらいの金額が税金免除の形で帰ってくるようですよ。

エコ家計簿・・・。ふふっ・・普通の家計簿もつけた事がない私には・・どんなに良いものでも3日ぼうずで終わりそうです。
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------



template design by takamu
Copyright © 2006 mezzana All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。