海外 プライオリティパス 楽天 イタリア イタリア雑貨 イタリア 雑貨バイヤー イタリア 雑貨コーディネーター イタリア コスメ イタリア ワイン イタリア  トスカーナ  トスカーナの田舎 イタリア 旅行 イタリア ブランド イタリア ホテル イタリア サッカー イタリア  料理 ローマ  ミラノ  フィレンツェ ピサ シチリア ナポリ イタリア 語学 イタリア 留学 イタリア  国際 結婚 海外 生活 海外就職 イタリア 観光 イタリア レストラン ゴルフ 鉄道 航空会社 靴 ツアー サイズ イタリア 天気 翻訳 通訳 ACミラン フィオレンティーノ イタリア 伊太利亜 italy italia 本田 HONDA

2017.05 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 > 2017.07











春のイタリア



 【掲示板はこちらからどうぞ
メールでのご連絡はこちらから

シエナ旅行・ホテルのクチコミ

これでペットもアッズーリ!



 

伊製ミネラルウォーター


硬度10.6の軟水!
赤ちゃんも飲める
アクア・パンナ。

イタリアの
おすすめ
ミネラルウォーター



 
オススメ度★★★


イタリア語会話とっさのひとこと辞典


イタリア人と話したい?
これ一冊でケンカも可能♪
もちろん愛のささやきも!
生きたイタリア語満載です。
今すぐ手に入れちゃおう!

イタリア語
仏語 / 英語 / ロシア語



イタリアのホテル探し



pisa

roma

firenze







海外からも利用できる電報

VeryCardネット電報

冠婚葬祭?誕生日?

あ!忘れてた!
そんな時でも大丈夫。
お花や贈り物も大充実

海外からでもOKの電報です


生のイタリア情報!


イタリアの天気予報は
こちら

イタリアの
ラジオを聴こう!
Tune in Radio

イタリアの
テレビを見よう!
sky.it 

イタリアvsヨーロッパ
Bruno Bozzetto Flash



本場のチョコドリンク♪
BABBI

イタリアの冬の定番!
今年の冬は、とろとろの
チョコラータ・カルダ
(ホットチョコレート)を
お楽しみください♪


 
 
 
 

 

 
 イタリアで入院        イタリア豆知識          
 VESPA博物館見学       トスカーナの風景        
 イタリア アニメ事情          イタリア観光            
  ピサの風景             ティートゥリーオイル TeaTreeOil  
 イタリアでエコ             イタリア小咄           
 イタリアのスーパー          イタリアのスーパー        











ピサ(PISA)についての様々な記事はこちらから♪

イタリアのエコバッグ
いまでこそ日本でも認知され、流行まで生み出したエコバッグですが、
以前暮らしていたドイツでは極々当たり前に日常生活に
とけ込んでいる「生活必需品」のひとつでした。





フロッシュ ギフトセット






スーパーはもちろん、薬局、本屋、ホームセンター、
ドラッグストアにお肉屋さんと、エコバッグが置いていない
店など見つけるのが難しいほど、どこでも必ずあるものです。

ビニール袋は有料だから節約のために袋を持参するというよりは、
資源を無駄にしないために多くの人たちがこの布の袋を
買い物の際に持参します。

どんな人でも車の中には必ずエコバッグが
入っているし、カバンの奥底を探れば小さくたたまれた
エコバッグが顔を出す、ドイツでのエコバッグは
ずっと前から市民の間になじみの深い存在でした。

1991年にはじめて日本からドイツに渡った頃、
日本の友人にこういう話をすると、返ってくる反応は

「ふーん、ドイツ人ってケチ臭いね」。

それが今では日本人の意識も変わりつつありますから、
ブームで終わらせずに本当の「資源を大切にする心」を
このままはぐくんでいただきたいものだと思います。


さて、イタリアに話を戻しましょう。

資源を大切にする、という意識がどうしても薄いイタリア人、
どうやら近頃日本と同じようにエコバッグについて
考え始めるようになったようです。

大手スーパーのiper coopでも最近こんなバッグたちの
販売を始めました。


ipercoop 031 


ドイツと違うのは素材でしょうか。
ドイツは素材も「エコ」を意識してか、再利用コットン、
つまり布製が多いんですよね。

しかしさすが食の国イタリアでは、濡れてもOKな素材で
できていました。この素材は昔海に行ったときに
使っていたストライプの敷物と同じだと思います(笑)。

残念ながらクルクルっとまるめて気軽に携帯するには
不便ですが、食べ物・飲み物を持ち運ぶには
水にも強い素材が確かに便利かもしれません。

そして上記のバッグ、ボトルが笑って口の部分が
ワインのグラスになっているのがわかりますか?

実はバッグの中はこうなっているんです。


ipercoop 029



そう、ワインを買った時にボトル同士がぶるかることの
ないように、きちんと分けて立つように工夫がされて
いるんですよね。さすがワイン王国!と感動しました。

ちなみにオリーブオイルやトマトピューレの瓶でも
しっかり立つので買い物には便利だと思います。
お国柄ってこういうところにも出るんですねー。

バッグのサイズは色々あって、これは一番小さいもの。
あとの種類はかなり大きく、スーパーのカゴが余裕で
丸々入る以上のサイズです。どれも外側は不燃布でも
中はビニールコーティングしてあって、おまけに
外側にポケットがついているという便利そうなデザインでした。
その中の一つ、私が今回紹介したのとは別の種類が
くみこさんのブログ で紹介されています。
(その他イタリアのブログで紹介されている方、相互リンクして
イタリアのエコ活動を広めませんか?)


それからこちらは日本にも進出しているCarrefourの
エコバッグです。こっそり激写してきました(笑)。


ipercoop 036



やっぱりフランスはデザインが一味違いますね。
エレガントな感じです。
ちなみに下の赤いバッグはこれまたワイン用らしく、
中がきちんと分けられていました。

お値段はイタリア版もフランス版も1ユーロ(150円)と
お手ごろ価格で引き分けです(笑)。




追伸)

以前某巨大掲示板であるブランドの超高級エコバッグが
話題になったとき、ドイツでのエコバックについて意見を
求められたので

「エコというからにはバッグ自体にお金をかけすぎるのも
本末転倒のような気がする」

という趣旨のことを発言したところ、

もしかしてエコ=エコノミーと勘違いしているんじゃないですか?」

というクレームが殺到しました(笑)。


勘違いしてるのは おまえらだぁーっ!






右側→でもリンクをはらせてもらっていますが、
ドイツで一緒に仕事をしていたgefallener-engelさんのブログ、
テューテホリック ではgefallener-engelさんのドイツ・エコバッグコレクションと、
自分で作ったオリジナル・エコバッグをたくさん見ることが出来ますよ♪
関連記事
スレッドテーマ [ 海外情報 … イタリア生活 ]
02/28 18:58 | イタリア生活 「モノ」 | コメント:20
青淵さん、

私は、地球にとっての現在の人類とは、バクテリアのような
無害なものではなくて強力な毒をもった虫だと思います。
こんにちは。2008.9.4。
地球に優しく、と考えた時「地球は我々に、地球表面で活動する我々に何を望んでいるのだろう」と考えてしまいます。
人類は地球を考えるように見せかけて、実は自分のことしか考えていないようにも見えます。
地球に対する最大のエコとは、人類が何もしないことではないでしょうか。
地球にとって人類とは、人間に付着しているバクテリア程度のもののように思います。
人類も自然の一部です。
人類も地球の一部です。
このように考えると、何をしてもエコになるように思います。
もじょもじょさん、

やっぱりフランスのものはなんとなくエレガントですよね♪
覗いたら中を分ける仕切りも少し違っていましたよ。
これでEUR1.00というのはやっぱりすごいと思いました。

仕切りも結構しっかりしているし、バッグ自体も
重いものを入れても楽々持ち運べます。
4月にネットショップを開きたいと思っているので
これもぜひ扱いたいと思います♪
Ricciaさん、

すごい!フリーダンボール!!
こういうのが本来は一番ですよね。
で、自宅のガレージでまたその箱を再利用したりすれば
一番のエコ活動だと思います。

日本は本当にものすごい袋の数を無駄にしてますよねー。
プレゼント用とかはいいんですが、いつだったかお菓子を
買った時、それを小さな袋に入れてシール、その上から
ビニールの袋にいれてセロテープでとめ、最後に店の
紙袋に入れてシールをされました。

毎回「自分用なのでそのままで」と言うのですが、それだと
防犯上お店の人が困ると言われたんですよね。
こちらではレシートを見せれば済みますが、日本の
デパートなんかは規模や客の数が違うため、やはり
店の紙袋に入っている商品=支払済み、とするのが
一番見分けやすいと言うことでした。

それはそれで日本の文化に対する知恵だと思うので
尊重したいですが、それなら自分用だという客には
内側の袋やシールは節約を始めればいいんじゃないかな?
と思いました。これからどんどん変わるでしょうね♪
近所にカルフールありますが、母体が日本企業になってから、良くも悪くも海外っポイ感じがなくなりつつあります。
写真のカルフールのエコバッグ、かわいいですね。ほしいです。
それとボトルが入れられるタイプも重宝しそうです。こういうタイプは、日本ではまだないかもしくは少ないんでしょうね。
安くて頑丈で、お洒落だとなおいいですね!
エコはエコでもエコノミー(爆)
フムフム、勉強になるわと思ってみていたら、最後のオチに受けちゃいました(笑)

くみこさんのところでも見ましたが、いいですね、このエコバック!私がよく行くスーパーにはこんなの見ないな。なんてったって、うちのスーパーのレジ前には、不要になった段ボール箱が山積みされていて、自由に持って帰れるので、そこの商品を入れて帰るのです。これも立派なエコですよね。(袋も買わない、かなりけち臭いエコですが…)
るなさん、

同意してくださって嬉しいですー。
実は私はブランドものも大好きですが(笑)、
だからこそそういう人たちはそのブランドが好きだから
じゃなくて、「ブランド物なのに安いから」買っていると
思うとなんか腑に落ちないんですよ(笑)。
おまけにものすごくエコロジーについて語ってましたからね、皆さん。

まあどんな方法でもきっかけが何でも、とにかく
一人一人が小さなことでも続けるのが大切なので
そのブランドものエコバッグがきっかけで何かに
目覚めていただければ、と今となっては思いますが。
勘違いもはなはだしいですよね~。私もMezzanaさんの意見に大賛成です。どこかのブランドのエコバックにすごい行列ができててネットで高価格で売られているってきいていたので。

フランスのエコバックさすがデザインおしゃれですよね!でもイタリアのエコバックにこんな工夫がされているとは知らなかったし価格もとっても安いですね!私も家から必ず袋を持っていくのですが、まだ周りにはそういう人少なくて・・。

日本でもおにぎり一個かっても袋に入れてくれるので毎回断りますよ~。地球に優しく、一人一人が心がければ、ちりも積もれば山となるです。
ihokoさん、

こんにちは!!

結構何人もの人たちに「何が悪いんだ!」とお怒りを
受けました(笑)。彼らにはエコバッグの本来の意味は
永遠にわかってもらえなそうです 涙。
twentyさん、

こんにちは!
ドイツ人は、私が初めて訪れた15年以上前から
今と同じ感覚でものを大切にしていますね。
ということはたぶん何十年も前からそうなんだと思います。
サラダバーの容器も家で洗ったものを持参してまた
利用したりしてる人も多いんですよ。

ケチ、と感じる気持ちは今でこそおかしなものだと
思えますが、あの当時はほとんどの日本人がそう感じて
しまうのも当然のような、バブルの真っ只中でした。

少しずつ世界中の人間の考え方が良い方に統一され、
今よりもっと住み良い地球になってくれるといいですね。


あはは・・確かに勘違いはお前らだぁ・・ですね。
ドイツでは何年も前から資源を大切にって意識が浸透していたんですね!素敵っ!!
エコバッグも日本で浸透してきたとはいえ、相変わらずビニール袋大量にもらう人たくさん見かけます。
早くビニール袋有料にしたらいいのに!!
とイライラしている私です。
そうしないとまだまだ浸透するのに時間かかりそうだから(悲)
いいことはどんどん見習って取り入れていかなきゃですね☆

…にしてもケチくさいって(;_;)ひどいっ。。
びくとりー!さん、

最初見たときは子供っぽいかな、とも思いましたが、
中を見てびっくり!瓶類を運ぶにはとても便利だと思います。
6本入れてもゆがむこともなく、楽々運べてしまいましたよ。

そしてそして、この怒りをご理解いただけて嬉しいです(笑)。
「そうですよね、私もそう思いました」という同意意見も多かった…。
まだまだ日本のエコロジー浸透度はそれほど高くないようです(笑)。
くみこさん、

イタリアのエコバッグってこれくらいしかありませんから(笑)、
きっとこれからどこもかしこもこの話題になりそうですよね。
今お邪魔しましたが、まだ掲載していらっしゃらなくて残念!
掲載後はお互いにリンクはりあいましょうか?(笑)。

ボトル6本入れても余裕そうでしたので
耐久性はありそうですね♪
イタリアのエコバッグ(ワイン用)すばらしい!
さすがイタリアだけありますね。

しかし、

>「もしかしてエコ=エコノミーと勘違いしているんじゃないですか?」

ってクレーム、どう考えたらそういう意味に捉える事が
出来るんだ??(笑)
怒るのも致し方なしですね
すっごいタイム利ーで、私もこの火曜日にIpercoopで買ったんです(笑)で、すんごいタイムリーにも私もブログ用に撮影してたんです(笑)私は大きいバージョンの黄色で、85セントなり。内側に4つボトル用の帯がついていて便利ですよ~で、あの素材から私も海でも使えるなって思って買った次第です。
りりぃさん、

こんにちは!コミュではお世話になっております。

超有名ブランド店でもエコバッグなら手が届く!
そう思って並びたくなるのでしょうねぇー。
お土産は最高に喜ばれたことと思います♪

イギリスもエコバッグはドイツのような布が
多いですよね?でもデザインはもう少しお洒落な
イメージがあるんですが…、いかがでしょうか?

私もまた寄らせていただきますね!
がるっちさん、

こちらにもコメントをありがとうございます。
フランスはエコバッグといえどもファッション性を
意識している感じでさすがですよねー。

ドイツものはSteiffの非買品を2点持っていたのですが、
あれどこにいっちゃったんだろう??(笑)。
今日本で売ったらお金になったかもしれませんよねー。

個人的にはPlusの擬人化P君よりアポテケの赤いAの方が
好きですが、日本ではああいう素朴な感じが受けてるんでしょうね。

こんにちは♪mixiからおじゃましてます。。。
ここイギリスでも「有名ブランドエコバック」すごく話題になってて求める人が前日から長蛇の列、、、みたいだったようですね(^^;)
私はまだまだ身についてないので時々忘れてしまいます。
前回の帰国時には友だちのお土産にしました(笑)
うひゃひゃ、エコ=エコノミー、すごい勘違いだぁ~
フランスのエコバックは確かにかわいいし、種類は多いし、色鮮やかでいいですよね!
でもね、日本のお土産には、ドイツらしいPlusのPの布エコバックとか喜ばれるって聞きました。あぁいうデザイン、日本ではまぁちょっとかわってていいようですね。
(こっちでは絶対持ちたくない種ですが…。)
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   








 海外旅行も楽天で 
楽天ポイントも貯まります♪ icon

楽天トラベル株式会社






フィレンツェのホテルを探す icon     ミラノのホテルを探す icon      ローマのホテルを探す icon

iconicon   iconicon   iconicon   

 イタリアのその他の街を探す icon
 その他の国、航空券予約はこちらから icon

-----------------------------------------------------------------
template design by takamu
Copyright © 2006 Mezzana All Rights Reserved